Login

Cortex-Mシステム デザイン キット

Cortex®-Mシステム デザイン キット(CMSDK)は、そのまま実行できるCortex-Mプロセッサとシームレスに連携するよう設計された、総合的なシステム ソリューションです。次のものが含まれます。

  • AMBA® AHB™およびAPB™インフラストラクチャ コンポーネントのセレクション
  • GPIO、タイマ、ウォッチドッグ、UARTなどの必須のペリフェラル
  • たとえば、ARM Cortex-M0プロセッサ、Cortex-M3プロセッサ、Cortex-M4プロセッサが該当
  • Verilog環境に対応したコンパイルおよびシミュレーション スクリプト
  • ソフトウェア ドライバーおよびサンプル プログラム

シリコンの設計を初めて行う際にARM Cortex-Mプロセッサを選ぶファブレス半導体企業の数は増えており、エンド カスタマーに効率的で使いやすいといったスタンダード アーキテクチャの利点をもたらしています。 設計サイクル期間と製品化までの時間を短縮できるように、ARMはCortex-Mシステム デザイン キット(CMSDK)を作成しました。Cortex-Mシステム デザイン キット(CMSDK)はそのまま実行できるCortex-Mプロセッサと連携するよう設計された、総合的なソリューションです。

CMSDKは、低ゲート数でエネルギー効率の高い実装のために最適化されています。 ペリフェラルは、低レイテンシ、不必要なクロック サイクルの削減、パフォーマンスの向上に最適なインターコネクトの面積において最適化されています。 これには、プロセッサがすべてのペリフェラルにフルアクセスするマルチマスター システムにあるときでも、近理想的なバス パフォーマンスを可能にするゼロ レイテンシのAHBマスター マルチプレクサおよび最適化されたバス マトリクスが含まれます。 また、CMSDKはCortex-Mプロセッサの低電力スリープ モードをサポートし、ペリフェラル バス クロックとペリフェラル クロックを分離するため、さらに低い消費電力の設計が実現されています。

CMSDKとCortex-Mプロセッサのまとめとして、処理サブシステムをお使いの製品にすばやく効率的に最小限のリスクで統合できます。




Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set