Login

デバッグおよびトレース アダプタのULINKファミリ

デバッグおよびトレース アダプタのULINKファミリ Image
<pthe />

ULINKアダプタを使用すると、以下の処理を行うことができます。

  • ターゲット ハードウェアへのプログラムのダウンロード
  • メモリとレジスタの検査
  • プログラムのシングルステップ実行、および複数のブレークポイントの挿入
  • リアルタイムでのプログラムの実行
  • フラッシュ メモリのプログラミング
  • JTAGまたはシリアル ワイヤ モードによる接続
  • ARM Cortex-Mベースのデバイスのオンザフライ デバッグ
  • ARM Cortex-M3およびCortex-M4のデバイスのトレース情報の検査

    すべてのULINKアダプタの比較をご覧ください。
<hr class="green-dot" />

ULINK proULINKpro

リアルタイム データおよび命令トレース ストリーミングをUSBを介して提供します。ULINKproは以下をサポートしています。

  • ARM7、ARM9、およびCortex-Mデバイス
  • Cortex-Mシステムのデータおよび命令トレース
  • 実行プロファイリング、コード カバレッジなどの高度なアプリケーション解析
  • 高速フラッシュ ダウンロード

ULINKproアクセサリ

<hr class="green-dot" />

ULINK 2ULINK2

Keil ULINK2デバッグ アダプタは、PCのUSBポートをターゲット システムに(JTAG、SWD、またはOCDSを介して)接続して、ターゲット ハードウェア上のエンベデッド プログラムのプログラミングおよびデバッグを可能にします。ULINK2は、オンチップ デバッグ(JTAG、SWD、またはSWVを使用)、およびフラッシュ メモリ プログラミング(ユーザ コンフィギュラブルなフラッシュ プログラミング アルゴリズムを使用)に使用できます。ULINK2はさまざまなARM7、ARM9、Cortex-M、8051、およびC166デバイスをサポートしています。

- 従来のULINKはULINK2に置き換わりました。

<hr class="green-dot" />

ULINK meULINK-ME

ULINK2機能のサブセットを提供します。

  • ARM7、ARM9、およびCortex-Mデバイスをサポート
  • KeilやOEMのスタータ キットの一部としてのみ提供およびサポート
  • 標準の20ピン(0.1インチ)JTAGおよび10ピン(0.05インチ)Cortexデバッグ コネクタ
Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set