Login

汎用MCU

ARMは、数多くのマイクロコントローラ アプリケーションで、アルゴリズムの複雑化、複数の個別MCUシステムの統合、または無線または有線接続の導入により、パフォーマンスへのニーズが高まっていることを認識しています。 ARMがシステムの小型化に注力していることにより、従来の「8ビットMCUは低コスト向け、32ビットMCUは高性能向け」という観点は変わりつつあります。 32ビット コントローラ市場の急速な成長は、ARMにより進められているソフトウェア ライブラリの標準化と相まって、エンベデッド プロセッサのCortex-Mファミリ使用のために最適化されたソフトウェア ライブラリが急速に充実し、マイクロコントローラ開発者の技術習得が速まり、新しい機器が市場に出るまでの期間を短縮しています。
Go Left
*
Go Right
 


MCUの分野を形成している3つの大きなトレンド

  1. アルゴリズムは複雑さを助長している。 たとえば、モータの電力効率を高めようとすると、CPUのパフォーマンス要件が高まります。
  2. 複数のサブシステムを1つの電子ボードに統合して、システム コスト、フットプリント、および電力を低減。
  3. 閉じられていたプラットフォームに、無線接続または有線接続の機能が搭載され始めている。 これによりプロセッサのパフォーマンス要件が高まっています。システム設計者は、システムのセキュリティや信頼性を高め、十分な潜在的パフォーマンスを準備しておき、開発済みのプラットフォームにネットワーク経由で提供される可能性がある将来のサービスをサポートできるようにしておくことが求められています。

これらの3つの要因が重なることによって、32ビットMCU市場は、MCU市場の他分野や市場全体の成長をもしのぐ速さで拡大しています。


2009年7月、リサーチ会社のGartner Incは、ARM®アーキテクチャは32ビットMCU市場の最大シェアを占め、32ビット市場で最速の成長分野を形成していることを示しました。 なぜこのようなことが起こっているのでしょうか。そしてなぜこれが重要なのでしょうか。

基本的に、ARMアーキテクチャが選ばれているのは、開発コストが低く、魅力的なシステム価格を提示しているためです。 MCU分野でのARMテクノロジの急速な浸透によって、ARMアーキテクチャに最適化されたアプリケーション ソフトウェアや開発ツールの数が増加しています。これにより、エンジニアリング チームはシステムの差別化の主要分野に集中することができるようになるので、システム設計者の作業は容易になります。

今日の不況下では、お客様は1つのアーキテクチャに投資して、広範なシステムの製品ラインへの投資を可能な限り将来にわたって活かせるようにしたいと考えています。 標準MCUプロセッサ コアに基づく幅広いシリコン デバイス セットが存在するため、OEMメーカーのお客様は特定のサプライヤに束縛されることなく、それぞれの要件に最も適合したデバイスおよびベンダを選択することができます。

32ビット プロセッサの統合は、以前8ビット マイクロコントローラを使用していたか、または過去にアナログ回路しか設計したことのない企業にとっては難題に思われるかもしれません。 ARMは、250nm、180nm、90nmなどのマイクロコントローラ用に使用される従来のプロセス ノード用に最適化された、さまざまなフィジカルIPパッケージを提供します。これにより、シリコン チップのデザインはシンプルになり、高性能な低電力キットを実現できます。 内部の設計リソースをなるべく使用せずに性能と電力効率を最大限に高めたいシリコン設計者は、製品化までの時間を短縮することができます。


Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set