Login

エンベデッド コンピューティング ― 医療、産業、およびePOSアプリケーション

ARMでは、"エンベデッド コンピューティング"を、コンピューティング機能を備えるが"ブラック ボックス"として提供される機器として定義しています。つまり、アプリケーションが既に実装され、ハードウェア機能を拡張できないか、拡張が制限されており、場合によっては画面を持たない機器です。 PCとは異なり、システムのコスト、電力、およびフォーム ファクタの制限があるため、少ないシステム メモリでプラットフォームが動作できるように、多くの場合はリアルタイム オペレーティング システムまたはLinuxが使用されます。
Go Left
*
Go Right

最適化されたARMエンベデッド コンピューティングのブロック図

 


コンピューティング プラットフォームは、デジタル サイネージ プラットフォーム、産業用制御プラットフォーム、医療用プラットフォームなど、さまざまなシステムの中心に位置しています。 ハードウェアやソフトウェアの障害が許容されるPCとは異なり、これらのエンベデッド プラットフォームの多くは、障害やセキュリティ攻撃に対して高い耐性を備えていることが必要です。

ARMのシリコン パートナーの多くは、シリコンやソフトウェアに投資して、ネットブックやeリーダーなどの最終製品でモバイル コンピューティングの分野を開拓していこうとしています。この同じテクノロジを、ATMマシン、ePOS機器、および工場のオートメーション システムの中心にあるエンベデッド コンピューティングでも利用することができます。ARMのビジネス モデルとテクノロジが組み合わされることにより、ユーザは以下の5つの利点を得ることができます。
  1. 幅広いソフトウェア互換性を備えた、さまざまなパフォーマンス レベルのシングルコアおよびマルチコア プロセッサが用意されているため、OEMは広範な製品へのソフトウェア投資を活かし、新しいプラットフォームのリリースのための開発サイクルを改善することができます。
  2. 高度に統合された電力効率に優れたシングル チップ ソリューションにより、OEMは、システム電力、ボード フットプリント、およびシステム コストを低減することができます。
  3. 選択: 同じプロセッサ ソフトウェアを実行可能な、幅広いソフトウェア互換性を備えた機器を選択できるため、OEMは特定のアプリケーションに最も適したコンポーネントを選択することができます。 同様に、ソフトウェアの観点から見ると、さまざまなリアルタイム オペレーティング システムLinuxMicrosoftソリューションなど、多様なソフトウェアを選択することができます。
  4. ARMに最適化されたWebブラウザやコンテンツ プラグインにより、高性能な一方でコストが高いPCプラットフォームと同等のWebエクスペリエンスを実現します。
  5. ARMプロセッサの持つ性能と省電力性を最大限に引き出しながら、内部の設計リソースを縮小することを望んでいる半導体企業にとっては、ARMのフィジカルIP部門が提供する高性能キットが最適です。

Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set