Login

SecurCoreファウンドリ プログラム

SecurCore®ファウンドリ プログラムを利用することでファブレス設計企業は、スマート カードおよび安全なICアプリケーション製品を設計し、それをプログラムの認定ファウンドリで製造するためのARM SecurCore SC100プロセッサ デザイン ライセンスを、コスト効率の良い方法で取得できます。

SecurCore SC100プロセッサは、スマート カードの不正使用を防ぐ安全なアプリケーションをサポートするために設計および最適化されています。 このプロセッサは、ARMおよびThumb®の命令セットをサポートし、統合されたメモリ保護ユニットと多数の固有セキュリティ機能を備えています。 このように製造された製品は、多くの場合、セキュリティの認証およびテストに合格する必要があり、その実装において、さらには基盤となる設計プロセス、使用する設計環境、および適用される方法において安全であることを示す必要があります。

ARMでは、このプログラムに参加する企業に対して、セキュリティ規定に準拠することを求めています。規定の概要は、「ARM SecurCore Licensee Auditing Procedure」に記載されています。これらの規定に準拠することにより、ライセンシに対して製品の安全性および市場価値が確実に維持されます。 さらに、SC100プロセッサの配布の前と後で、ARMはシステムおよび手順が規定に準拠していることを確認するためにオンサイトのセキュリティ監査を行う権限を与えられています。

SecurCoreファウンドリ プログラムのメンバーは、スマート カードで動作するファームウェア開発に最適なARM RealViewマイクロコントローラ開発キットも活用できます。 さらに、低電力プラットフォームによって超低コスト/低電力の実装を実現できる、ARMフィジカルIPソリューションにアクセスできます。これは、特にパフォーマンス指向のポータブル電子デバイス用に設計された総合的なIPです。