Login

モバイル決済

モバイル決済 Image
携帯電話は、現在では世界中で大多数の人が携行するツールになっています。移動中に電話を受けるためのデバイスから、リッチなメディアを視聴し価値の高いサービスにアクセスするためのデバイスになりつつあります。 サービス プロバイダは、この携帯可能で強力なプラットフォームと組み合わせる、想像力に富む他のビジネス モデルを探しています。
モバイル決済は、お金にアクセスして送金できる幅広いシナリオを網羅します。 ユーザが、ある映画の公開を宣伝するポスターを利用するというシナリオについて考えてみましょう。 ユーザは自分の電話でポスターに直接アクセスし、その映画を購入して、自分が持っているすべてのデバイスですぐにアクセスできるようになります。 このシステムが機能するための中核には、ユーザとユーザが使用しているデバイスの両方がその購入を意図していたこと、代金が送金されてアクセス権が付与されたことを認証する必要があります。
 
 


インターネットおよび小売の販売時点情報管理トランザクションの関係者はすべて、強力な認証によって支払いの受領に関わる本質的なリスクが低下するため、メリットを得られます。 このときに解決しなければならない難問は、信頼できるユーザ認証であり、一般的に使用されるのはユーザしか知りえないPINやパスワードなどです。 デバイスがオープンになればなるほど、PINまたはパスワードによるユーザ認証のリスクが高まる可能性があります。支払い資格情報の保存においても同様です。 今日のオフライン トランザクション システムは、耐タンパー性を備えたデバイスに依存しており、モバイルでの支払いに対応する電話は、そのようなテクノロジに適応しなければならない場合があります。

携帯電話は、支払い用カードの代わりになるだけではなく、ユーザが好みの支払いネットワークを使用できるパーソナルな販売時点情報管理端末へと進化する可能性があります。 販売時点情報管理をユーザの居場所に対応させることや、スマート ラベルとしてシンプルで低コストなものにすることも可能です。 このことは、支払いが真の意味で携帯可能になるということを意味します。


ARM® TrustZoneは、SoC(System-on-Chip)セキュリティのコンセプトであり、ソフトウェアおよびハードウェアによって、許可されていない使用から支払いサブシステムを保護します。 システム設計者はTrustZoneにより、高い機密性が要求されるハードウェアを、オープンで柔軟なメイン システムから隔離できます。 高い機密性が要求されるサービス専用に独立したハードウェアで動作する実行時環境は、TrustZone対応のプロセッサと組み合わせることで、ホストOSと同じ高性能プロセッサ コアを使用できます。ソフトウェアとハードウェア両方の分離により、セキュア サブシステムのセキュリティを容易に評価でき、大幅に低いコストでセキュリティ認証を得ることができます。 これを完全なSoCと多機能なOSで実現しようとすると、多くの時間と労力が必要になります。 それだけでなく、達成することはほぼ不可能です。複数のバス マスタによりSoCがさらに複雑になっており、OSのアップデートが頻繁に発生するためです。

SecurCoreは、多くの機能を統合し、高度な攻撃から保護する耐タンパー性を備えた、安全なデバイスの開発を支援します。 通常、SecurCoreプロセッサ コアはSIMカード、有料放送の限定受信方式、およびその他のスマート カード アプリケーション内に統合されています。


Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set