IoTデバイスのシステム全体にわたるセキュリティ

Arm Cortex-MプロセッサーのTrustZoneテクノロジーは、IoTデバイスのあらゆるコストポイントで堅牢なレベルの保護を可能にします。このテクノロジーは、重要なセキュリティ・ファームウェア、アセット、および個人情報を、アプリケーションの他の部分から分離することで、攻撃の可能性を低減します。これは、Platform Security Architecture (PSA)ガイドラインに基づくデバイスのルートオブトラストを確立するための完璧な出発点となります。

 
特長とメリット
柔軟性の高い基盤

TrustZoneにより、システム全体のセキュリティと信頼できるプラットフォームの作成の基盤が得られます。デバッグ、周辺機器、割り込み、メモリなど、システムのどの部分でもセキュアワールドの一部として設計できます。

簡略化されたセキュアな設計

TrustZoneを使用すると、SoC設計者は、セキュアな環境で特定の機能を果たすために必要なさまざまなコンポーネントを選択することができます。TrustZoneは、Corstoneリファレンスパッケージでサポートされており、企業による短時間でのシステム開発を支援します。

ユーザーフレンドリな設計

開発者は、既存のプログラマーモデルを維持しながら、使い慣れた言語を使用してTrustZoneシステムを作成できます。また、TrustZoneはRTOS、コンパイラ、デバッグ、および追跡ソリューションの包括的エコシステムによってサポートされています。

エキスパートに聞く

TrustZoneを使用したセキュリティの実装方法に関するアドバイスをお探しですか?エキスパートにご相談ください。

お問い合わせ
TrustZoneテクノロジーで作られた製品 

Cortex-M23プロセッサー

TrustZoneセキュリティを備えた最小サイズかつ最小電力のマイクロコントローラであり、ソフトウェアの分離とソフトウェアのセキュリティを必要とするアプリケーションに最適なプロセッサーです。

Cortex-M33プロセッサー

セキュリティまたはデジタル信号制御を必要とするアプリケーション向けに最適化されています。

Cortex-M35Pプロセッサー

物理的復元性とシステム安全性の機能のほか、TrustZoneテクノロジーを組み合わせています。

Cortex-M55プロセッサー

AIに最も適したArmのCortex-Mプロセッサーと初めて採用したArm Heliumテクノロジーにより、IoTデバイスの電力効率のよいMLとDSP性能が大幅に向上しました。

Corstone

デバイスの要件に応じて、Corstoneパッケージが複数あります。お客様のプロジェクトに合ったものをご検討ください。

サポートされるアーキテクチャと製品

TrustZone関連情報

ホワイトペーパー


開発者Webサイトにアクセスして、テクニカルドキュメント、実践的なウェビナー、エキスパートによるアドバイスの問い合わせ先など、TrustZone関連情報の詳細をご覧ください。

Arm開発者サイトに移動する