クラウド・エッジ間でクラス最高のパフォーマンスを発揮するArm Neoverse

ワークロードの増大と高性能化の要求に対応するため、グローバル・インフラストラクチャは急ピッチで変化しています。Arm Neoverseは、クラウド、エッジ、5Gネットワークに最適化されており、未来のインフラストラクチャに求められるスピード、エネルギー効率、ワットあたりパフォーマンス、コストあたりパフォーマンスを実現します。

Arm Neoverseファミリーは、全てのインフラストラクチャ市場を対象に設計されています。

Neoverse Vシリーズ:最高のパフォーマンス

Neoverse Vシリーズは、パフォーマンスファーストのCPUを中心に構成されており、演算リソースやメモリを大量に使用する高負荷アプリケーションの実行システムを対象に、最高のコアあたりパフォーマンスを発揮します。

ユースケース:

ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)、クラウド上のHPC、AI/ML関連のワークロード
Neoverse Nシリーズ:スケールアウト・パフォーマンス

ワットあたりパフォーマンスとコストあたりパフォーマンスの両方に最適化された、バランスの取れたCPU設計を実現します。

ユースケース:

スケールアウト型クラウド環境、エンタープライズ・ネットワーキング、スマートNIC/DPU/カスタムASICアクセラレーター、5Gインフラストラクチャ、消費電力や実装面積に制約のあるエッジロケーション
Neoverse Eシリーズ:効率的なスループット

電力消費を最小限に抑えつつ、高データ・スループットに対応

ユースケース:

ネットワーキング・データプレーン用プロセッサー、低消費電力5Gゲートウェイ

Arm Neoverseのクラウド・エッジ間ワークロードの位置付け

Neoverse

ワークロード主導型のパフォーマンス

Neoverse Vシリーズ

Neoverse V1の総合的なパフォーマンスは、Neoverseの全CPUの中で最も優れています。HPCやAI/MLアプリケーションで多く利用される浮動小数点演算やベクタ演算ワークロードで傑出したパフォーマンスを発揮します。

1.8倍のベクタ・ワークロード
 

Neoverse V1+SVEでは、幅広いHPCカーネルを対象としたベクタ・パフォーマンスが、Neoverse N1比で1.8倍に向上します。

2倍の浮動小数点パフォーマンス
 

Neoverse V1+SVEは、コアあたり512ビットのベクタ処理に対応しており、処理能力はNeoverse N1+NEON比で2倍に向上します。

4倍の機械学習パフォーマンス
 

Neoverse V1での最新のInt8行列乗算命令は、Neoverse N1比で最大4倍のML処理能力を発揮します。

Neoverse Nシリーズ

Neoverse N1/N2は、ワークロード・パフォーマンスに関して最も広範な柔軟性を実現します。Neoverse N2は、NGINXなどのクラウドベースのワークロードで優れたパフォーマンスを発揮しつつ、DPDK L3フォワーディングのような5Gエッジ・アプリケーションにも有効です。

1.4倍のSPECint®2006ベンチマークでのIPC性能
 

すべてのCPUリソースをシングルスレッドで利用可能な場合、Neoverse V1では、SPECint2006ベンチマークによるIPC性能がNeoverse N1比で40%以上向上します。

1.3倍のNGINIXアプリケーションでのスループット
 

Webサーバーまたはリバースプロキシサーバーとして構成する場合、Neoverse N2は、一般的なNGINIXアプリケーションでのトランザクション・スループットが、Neoverse N1比で30%向上します。

1.2倍のDPDK L3フォワーディングのスループット
 

DPDK L3フォワーディングのパケット処理では、Neoverse N2コアのスループットは、Neoverse N1比で20%向上します。

スケーラブルなクラウド・エッジ間インフラストラクチャ向けに設計・最適化されたプロセッサー

Neoverse V1

HPC、クラウドHPC、AI/ML対応アプリケーションを対象とする、パフォーマンスファーストのティア
  • Arm初となるHPC市場向けのSVE実装であり、浮動小数点演算はNeoverse N1比で2倍、ML性能は4倍向上
  • IPC性能はNeoverse N1比で50%向上、市場をリードするパフォーマンスを拡大

Neoverse N2

クラウド・エッジ間インフラストラクチャ向けの最高のパフォーマンス効率
  • 市場をリードする拡張性と汎用性
  • IPCパフォーマンスがNeoverse N1比で40%と大幅に向上
  • Armv9により、パフォーマンス(SVE2)とセキュリティ(MTE)向けの主要機能を導入

Neoverse N1

スケーラブルなクラウドツーエッジ・インフラストラクチャへの変革を加速
  • エッジコンピューティング性能
  • インフラストラクチャ特有のプラットフォーム機能
  • 極度の範囲のスケールと多様なコンピューティングに対応する設計

Neoverse E1

次世代のスループットのニーズを満たすようにインフラストラクチャを強化
  • 高効率のスループットのためのインテリジェントな設計
  • 多様なArmソフトウェアエコシステムを最大限に活用
  • エッジからコアまでのデータ転送向けの非常にスケーラブルなスループット
インダストリーソリューション

広範なインフストラクチャ・ワークロードのサポート

クラウドコンピューティング

クラウドユーザーによるベンチマークでは、同等のx86ベースインスタンスに比べて、幅広いワークロードで価格性能比が最大40%向上しています

ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)

HPC分野の研究者は、数値流体力学、医学研究、石油・ガス探査など、高演算負荷のワークロードを対象に、Neoverseのスケールアウト性能を調査しています。

5G

5Gで期待されるパフォーマンスや汎用性を実現するには、より複雑かつ堅牢なインフラストラクチャが必要です。Armのテクノロジーは、より高速な低遅延5Gネットワークの構築を実現します。

Armパートナーがクラウドパフォーマンスを再定義

ArmとAWSが、クラウドの価格性能比の価値を再定義

Arm Neoverse N1を採用したAWS Graviton2プロセッサー・インスタンスでは、同等のx86ベースインスタンスに比べて価格性能比が最大40%向上しています。