マルチレイヤーのセキュリティ

Cortex-Mプロセッサーシリーズは開発者が多様なデバイス向けに消費電力に制約のあるコスト重視のソリューションを作成できるように設計されています。Cortex-M35Pは耐タンパー性を組み込んだ初のArmv8-Mプロセッサーで、物理セキュリティを実装することによりすべてのIoT製品に適応されます。

特長とメリット

セキュリティ基盤の構築

TrustZoneセキュリティを備えたCortex-M35Pプロセッサーにより、プログラマは、熟知したプログラミングモデルを使用してソフトウェアの分離を容易に実現でき、今日のIoTデバイスと組み込みデバイスに必要とされるセキュリティの基盤を構築できます。

物理セキュリティの提供 

Cortex-M35Pにより、パフォーマンスを維持しつつ、物理的復元性と、ロックステップ、構成が選べるパリティ、観測可能性などのシステム安全性の機能が加わります。 耐タンパー性によって、最先端のセキュリティが提供され、経済損失の大きなセキュリティ侵害が防止されます。

追加機能 

同一プロセッサー内で制御機能と信号処理機能を組み合わせて、チップシステムのコストを削減します。 Cortex-M35Pには、統合されたDSP (デジタル信号処理)、SIMD、およびMAC命令のオプションがあり、システム設計、ソフトウェア開発、およびデバッグの全般が簡素化されます。

最高水準のセキュリティを実現

TrustZone、MPU、および物理的セキュリティ機能を搭載したCortex-M35Pプロセッサは、Common Criteria ISO 15408規格のEAL6+に認定されました。この業界初の認証により、SoC設計者は、SIMカード、銀行カード、IDカードなどの高度な保護を必要とするアプリケーションのための、信頼性の高いシンプルなセキュリティルートを手に入れることができます。

詳細

エキスパートに聞く

Cortex-M35Pの最先端セキュリティ機能によって、資産を物理的な攻撃とソフトウェア攻撃からどのように保護できるのかを確認してください。

お問い合わせ
関連製品・サービス

その他のオプションと機能について知る

CryptoCell

CryptoCell製品は、さまざまな最終用途向けに暗号方式およびプラットフォーム関連のセキュリティサービスを提供します。 Arm CryptoCellファミリ(Arm Cryptocell-312P)は、さまざまな用途においてデータの整合性、真正性、コード及びデータ機密性を保証します。

Armでのセキュリティ

Armでは、セキュリティに重点を置いたさまざまなアプリケーション向けにセキュアなコンピューティング・プラットフォームを提供しています。
対象アプリケーションとしては、スマートカード、SIMなどのセキュア要素から、
携帯電話、タブレットPC、DTV、セットトップボックス、エンタープライズ・システムに組み込まれた
セキュアで多機能なデバイスまで含まれます。当社では、開発者にとって使いやすく、
確定的で、リアルタイムな組み込み型とIoTのアプリケーションを求める市場に応えるために、
セキュリティ製品を拡張しました。

詳細
アーキテクチャとテクノロジー

成功の基盤

Armベースのチップ、デバイスアーキテクチャ、テクノロジーは、スマートフォンから農業用センサーや医療機器、サーバーまで、現代の生活に欠かせないすべてのデバイスに最適なパフォーマンスを提供します。