MCUソフトウェア開発の加速化

Arm Keil MDKは、Armベースのマイクロコントローラー向けの組み込みアプリケーションを作成、ビルド、デバッグする包括的なソフトウェア開発ソリューションです。 µVision IDEは、Cortex-Mベースの開発にクラス最高レベルの環境を提供します。

特長とメリット

業界トップレベルのデバイスサポート

5,000種以上のArmベース・マイクロコントローラー・デバイスがすぐに使えるようにデータベース化されているため、どのMCUかに関わらず、開発者は数秒で作業を始められます。

単なるツールチェーンを超える働き

MDKのソフトウェア・パック・マネージャーと、プロ向けに開発されたロイヤリティフリーのミドルウェア・コンポーネントにより、生産性が向上し、市場投入までの時間が短縮されます。 ソフトウェアの再利用が簡単になります。

コード生成の最適化

MDKに含まれるArm C/C++コンパイラは、ArmのベアメタルやリアルタイムOSのアプリケーション用のパフォーマンス、コード密度、アーキテクチャの精度、安全性において最先端を進んでいます。

豊富な機能

組み込み用にカスタマイズ

業界で数十年組み込みを扱ってきた経験を基に、µVision IDEでは、直感的なプロジェクト管理、デバッグ、システム分析のビューに簡単にアクセスできます。

開発期間の短縮

MDKにはFixed Virtual Platform一式が含まれ、Arm Fast Modelベースのカスタムの仮想プロトタイプに簡単に接続できます。

安全性の検証

Armコンパイラの安全ブランチは、安全性検証の専門機関であるTÜV SÜDに適格性が認められ、最終製品の機能安全認証プロセスが大幅にシンプルになりました。

IoTネットワーキングのサポート

モノのインターネット(IoT)アプリケーションの安全性を確保するため、MDK-Middleware IPv4/IPv6ネットワーキング通信スタックとArm Mbed TLSを組み合わせています。

電力とパフォーマンスの分析

履歴とパフォーマンス分析を電力測定結果と照らし合わせ、ソフトウェアとハードウェアの問題を早期に解決します。

Keil MDKの入手

適切なMDKエディションをお探しください

エディション

MDK Professional

MDK Plus MDK Essential MDK Lite
最適な用途 市場投入への最短ルートまたは機能安全アプリケーション 普及型のArm MCUの開発 Cortex-Mのプロフェッショナルな開発のエントリレベル 初心者および小規模なプロジェクト
ターゲットデバイス すべてのArm Cortex-M、Armv8-M、SecurCore、および従来のArm MCU (Fast Modelを含む) すべてのArm Cortex-M、SecurCore、および従来のArm MCU すべてのArm Cortex-M、非セキュア
Arm Cortex-M0~M7
ホストプラットフォーム
Windows Windows Windows
Windows
 ミドルウェア 多機能 Basic    
セーフティクオリフィケーションキット あり


試用版ライセンス  評価 評価 評価
購入

購入

購入

購入

今すぐダウンロード

Keil MDKは、Arm Development Studioにも含まれています。

適用例

簡単なセキュア/非セキュア・ソフトウェア・パーティショニングと通信ミドルウェアを搭載し、Arm Mbed IoTサービスおよびほかのプロバイダとの互換性を検証済みのIoTノードをビルドし出荷できます。

ケーススタディ

Quviumの咳モニター: Arm Keil MDKを使って開発された機械学習デバイス

Quviumは、機械学習により咳の音波を分析し、警告を送信して呼吸器治療を向上させるデバイスを開発しています。 Arm Keil MDKにはCMSIS-NNライブラリが含まれており、機械学習ソフトウェア開発を促進できます。

ケーススタディをダウンロードする

エキスパートに聞く

Keil MDKがどのようにSoC開発を促進するかご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス

その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

ULINKpro

ULINKproでは、MDKとArm Development Studioを使ってデバイス上のアプリケーションをプログラム、デバッグ、分析できます。 プロセッサーがフルスピードで実行されている間にも、プロセッサーの制御、ブレークポイントの設定、メモリの内容の読み書きができます。

ULINKplus

ULINKplusは、アイソレーションされているデバッグ接続、電力測定、テスト自動化I/Oを1つにまとめます。 それにより、組み込みアプリケーションの機能、タイミング、消費電力を可視化します。

ULINK2

Keil MDKとシームレスに統合できるULINK2デバッグユニットは、PCのUSBポートとターゲットシステムを接続することで、ターゲットハードウェア上のアプリケーションをプログラムおよびデバッグできます。