電力測定によるデバッグ

ULINKplusは、アイソレーションされたデバッグ接続、電力測定、テスト自動化I/Oを提供しており、Cortex-Mベースのデバイスが使用する機能、タイミング、電力を可視化できます。 単純ブレークポイント、複合ブレークポイント、SWVトレース、マルチコアデバッグなどの従来のデバッグ機能をすべてサポートしています。

ULINKplusを購入
特長とメリット
ソフトウェア・プロファイリング

ULINKplusでは、Keil MDKまたはArm Development Studioを使って、アプリケーションのタイミングや電力消費をプロファイリングできます。

テスト自動化I/O

ULINKplusが提供する柔軟なデジタル/アナログI/Oピンにより、デバッグビューやデバッグスクリプトから簡単に構成することができ、テスト中のターゲットと交信したり、自動化したテストスタンドを制御したりできます。

電源とトレースを同期

ULINKplusのアイソレーションされたJTAG/シリアルワイヤと電力測定部をターゲットに接続し、イベントトレースと同期させます。 直観的なグラフィカル・ユーザー・インタフェースによって、意図しない動作の原因がどのコードによるものか、すばやく特定できます。

ケーススタディ

L-Tek BLEビーコン: ソフトウェアの最適化でバッテリ寿命が倍増

L-Tekは、複雑な製品を生産している業界向けに、電子モジュール、電子機械コンポーネント、ソフトウェア・ソリューションを開発し生産する事業を専門としています。 Arm Keil MDKとULINKproデバッグプローブを使ってBLEビーコンのソフトウェアを最適化し、バッテリ寿命を2倍に延ばして、ユーザーエクスペリエンスを向上しています。

ケーススタディをダウンロードする
エキスパートに聞く

ULINKplusがどのように設計を成功に導くかご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス
その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

ULINKpro

ULINKproでは、MDKとArm Development Studioを使ってデバイス上のアプリケーションをプログラム、デバッグ、分析できます。 プロセッサーがフルスピードで実行されている間にも、プロセッサーの制御、ブレークポイントの設定、メモリの内容の読み書きができます。

Keil MDK

Armベースのマイクロコントローラー・アプリケーションを開発するために、Keil MDKには組み込みアプリケーションの作成、ビルド、デバッグに必要なすべてのコンポーネントと、開発を加速化するソフトウェアパックが含まれています。

ULINK2

Keil MDKとシームレスに統合できるULINK2デバッグユニットは、PCのUSBポートとターゲットシステムを接続することで、ターゲットハードウェア上のアプリケーションをプログラムおよびデバッグできます。

Arm Development Studio

Armベースのあらゆるシステムに対応したエンド・トゥ・エンドのソフトウェア開発環境で、Armコンパイラ、デバッガー、IDE、パフォーマンス分析ツール、モデル、ミドルウェアが含まれます。