スマート・ストレージ・アプリケーション対応の強力なリアルタイムプロセッサー

メモリ管理ユニット(MMU)を備えた最高性能のCortex-Rプロセッサーによって、同じコアまたはクラスター上でリアルタイムのリッチOS (Linuxなど)が使用可能になります。Arm初の64ビットCortex-RプロセッサーであるCortex-R82は、最大1TBのダイナミック・ランダムアクセス・メモリ(DRAM)をアドレス指定でき、且つ、効率的で高性能なコンピューティングが実現します。ソリッドステートドライブ(SSD)、ハードディスクドライブ(HDD)、組み込みのストレージソリューション、およびコンピュテーショナル・ストレージ・アプリケーションに最適です。

特長とメリット
より大規模なストレージ容量に対応

64ビットのRプロファイルアーキテクチャは、増大するストレージドライブの容量をサポートするために必要な、より大きなメモリ領域へのアクセスを提供します。

リッチOSのサポート

MMUは、LinuxなどのリッチOSをサポートし、信頼性が高く堅牢なエコシステムを容易に活用出来、低コストな開発を実現します。

MLワークロードの加速化

ArmNeonテクノロジーを組み込むことが出来るので、MLワークロードおよび計算量の多いタスクのデプロイを加速化できます。

適用例
イノベーションとアイデアが現実になる場所

Cortex-R82プロセッサーは、複雑な計算をストレージドライブ内で、複雑な計算が出来、よりデータの近くで計算を行う事で、洞察力に優れた価値あるデータを生成できます。Cortex-R82でのOSサポートにより、Linuxエコシステムを活用して、コンピュテーショナル・ストレージを迅速かつ簡単に実装できます。

エキスパートに相談する

SSD、HDD、コンピュテーショナル・ストレージ・ドライブ(CSD)などの複雑なストレージソリューションで、Cortex-R82がどうのようにしてエネルギー効率と応答性を向上させているのかをご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス
より多くのオプションと機能を探す

CoreLinkネットワーク・インターコネクト 

この製品ファミリは高性能でスケーラブルなSoC接続を構築するために、高度にコンフィギュラブルで低レイテンシーのトポロジを提供します。

CoreSight SoC-600

デバッグと追跡のソリューションを作成するための最も包括的なライブラリを備えているCoreSight SoC-600は、製品のライフサイクルを通じてプロトコルベースのデバッグアクセスを可能にします。

CoreSight SDC-600

セキュアなデバッグチャネルは、シリコンやツールのベンダーが保護を強化してデバッグアクセスを管理できるようにすることで、デバイスのセキュリティニーズに対処します。

POP IP

技術的、又は、プロジェクトのリスクを低減する為に与えられた電力要件内で、十分なパフォーマンスと面積を達成する実装の為のソリューション

アーキテクチャとテクノロジー
成功の基盤

Armベースのチップ、デバイスアーキテクチャ、テクノロジーによって、現代の生活に欠かせないすべてのデバイスに最適なパフォーマンスを提供します。

Cortex-R82の関連情報

プロジェクトでの適切な判断に必要なさまざまな情報を得られます。テクニカルドキュメント、業界動向、エキスパートによるアドバイスの問い合わせ先が含まれています。

 

ブログ

ニュース

ホワイトペーパー

Arm開発者サイトに移動する