Split-Lock機能を搭載した初のマルチスレッドDynamIQ CPU

高スループットかつ高効率プロセッサーのArm Cortex-Aファミリは、メモリを大量に消費し、要求の厳しい安全性重視のタスクに対応する設計が施されています。Cortex-A65AEは、オートモーティブ・アプリケーションと、先進運転支援システム(ADAS)やゲートウェイなどの安全性が重視されるタスク向けとしては初のマルチスレッドCortex-A CPUです。スループットが高く安全性が重視されるタスクを行うデバイス用に設計されています。Cortex-A65AEはDynamIQテクノロジーをベースに構築されており、その復元性と柔軟性の高いマルチコア機能からメリットが得られます。また、フォールトトレランス設計を向上させる高度な機能のデュアル・コア・ロックステップ(DCLS)を採用して設計されています。

特長とメリット
同時マルチスレッド

Cortexファミリで初となるこのマルチスレッドプロセッサーは、アウトオブオーダーの実行パイプラインを備えており、各サイクルで2つのスレッドを並列実行できます。各スレッドは異なる例外レベルにあるため、さまざまなオペレーティングシステムを実行することができます。 

Split-Lock機能による自由度

ASIL Dハードウェアメトリックを使用して、最大限のマルチコアパフォーマンスを達成するためのスプリットモードと、高度なマルチコア・フォールトトレランスを実現するための安全性のためのロックモードを切り替えます。重要度が混在する将来のアプリケーションにさらなる自由度を提供します。

スループット効率

Cortex-A65AEは、性能密度を重視して設計された高度なマイクロアーキテクチャを特長としており、制限のあるサーマルバジェットでメモリを大量に消費するワークロードに対して最大限のスループット効率を実現します。 

適用例
イノベーションとアイデアが現実になる場所

Cortex-A65AEは、センサーフュージョンや視覚ベースのADASシステムといった高スループットのアプリケーション向けに設計されています。スループット効率を大幅に向上させ、完全自動運転車に要求される最高水準のオートモーティブ安全性要求レベル(ASIL)規格への準拠に貢献しています。

エキスパートに相談する

Cortex-A65AEがオートモーティブ製品のユーザーエクスペリエンスをどのように向上させるのかをご覧ください。

お問い合わせ
関連製品・サービス
より多くのオプションと機能を探す

CoreLink CMN-600AE

Arm CoreLink CMN-600AEコヒーレント・メッシュ・ネットワークは、幅広いアプリケーションにわたる高性能オートモーティブシステム用に設計されています。

CoreLink GIC-600AE

GIC-600とのソフトウェア互換性があります。ASIL BからASIL Dまでの高性能システムを構築するにあたっての安全要件を満たす機能が追加されています。

Armコンパイラ

Arm Compiler 6は、安全規格IEC 61508-3に従って、T3に分類される開発ツールの要件を満たすものとして、安全のエキスパートである TÜV SÜDの認定を受けています。

CoreLink MMU-600AE

MMU-600とのソフトウェア互換性。高性能のASIL BからASIL Dシステムを構築するにあたっての安全要件を満たす安全機能が追加されています。

アーキテクチャとテクノロジー
成功の基盤

Armベースのチップ、デバイスアーキテクチャ、テクノロジーは、スマートフォンから農業用センサーや医療機器、サーバーまで、現代の生活に欠かせないすべてのデバイスに最適なパフォーマンスを提供します。