Arm DynamIQテクノロジーをベースにした第1世代Armv9高効率「LITTLE」Cortex CPU
複数のコンシューマーデバイスに対応するスケーラビリティ

Cortex-A510は高効率のArmv9 CPUで、Cortex-A55と比べて性能が大幅に向上した新しいマイクロアーキテクチャ設計です。Cortex-A510は、big.LITTLE構成ではCortex-X2とCortex-A710との組み合わせが、トータルコンピュート・ソリューションの一部としてはDynamIQ Shared Unit (DSU-110)との組み合わせが可能です。

ブログを読む
特長とメリット
大幅な性能の向上

Cortex-A510は、前世代の高効率CPU上で最大35%向上した性能を発揮します。

革新的なマイクロアーキテクチャのアップグレード

マージコアのマイクロアーキテクチャを使用して、2つのCPUコアをより効率的に複雑なダイナミック性能に結合できます。

モバイルコンピューティング向けのArmv9機能

モバイルコンピューティングにArmv9アーキテクチャを使用し、性能、電力効率、セキュリティにとって重要な機能であるScalable Vector Extension version two (SVE2)およびMemory Tagging Extension (MTE)を導入します。

製品仕様と主なマニュアル

 アーキテクチャ  Armv9-A (ハーバード)  
 拡張機能
  • Armv8.5拡張機能まで
  • SVE2拡張機能
  • メモリタグ付け拡張機能
  • 暗号化拡張
  • RAS拡張機能
 
 ISAのサポート
  • A64
 
 マイクロアーキテクチャ  パイプライン  インオーダ
   スーパースカラー  あり
   Neon / 浮動小数点ユニット  搭載
   暗号化ユニット  オプション
   クラスター内の最大CPU数  8
   物理アドレス(PA)
 40ビット
   コアアーキテクチャ
 マージコア、コンプレックスあたり最大2コア
 メモリシステムと外部インタフェース  L1 Iキャッシュ/Dキャッシュ  32KBまたは64KB
   L2キャッシュ  オプション、128KB、192KB、256KB、384KB、512KB
   L3キャッシュ  オプション、256KB~16MB
   ECCのサポート  あり
   バスインタフェース  AMBA AXI5またはCHI.E
   ACP  オプション
   ペリフェラルポート  オプション
 その他  セキュリティ  TrustZone、セキュアEL2
   割り込み  GICインタフェース、GICv4.1
   汎用タイマー  Armv9.0-A
   PMU  PMUv3
   デバッグ  Armv9.0-A
   CoreSight  CoreSightv3
   組み込み追跡拡張機能  ETEv1.0
   トレースバッファ拡張機能  あり

適用例
イノベーションとアイデアが現実になる場所

最も多くの成果を上げたテクノロジーの1つであるスマートフォンは、世界で最もダイナミックなパーソナルコンピューターであり、没入型体験で40億人以上とつながることができます。Armは、スマートフォン上のあらゆるものを強化するCPUテクノロジーを開発しています。

エキスパートに相談する

多くの適用例に対応する効率性。Cortex-A510によって製品のユーザーエクスペリエンスがどのように向上するかをご覧ください。

お問い合わせ
関連製品・サービス
より多くのオプションと機能を探す

Cortex-A710

Arm DynamIQテクノロジーをベースとする第1世代Armv9高性能Cortex CPUのCortex-A710は、マイクロアーキテクチャの拡張機能によって性能と効率性を両立しています。

Mali GPU

さまざまなスマートフォンデバイスにわたり、エンターテインメントとビジュアル・アプリケーションに究極のユーザーエクスペリエンスを提供します。

システムIP

Arm System IPは、システム設計者が、業界標準のAMBAインターフェースを介して統合されたArmプロセッサと独自のIP要素でさらに差別化を図りながら、高性能で電力効率の高いSoCを構成・構築することを可能にします。

アーキテクチャとテクノロジー
成功の基盤