コンピュータービジョンと機械学習のためのソフトウェアライブラリ

ローレベル関数のコレクションであるArm Compute Libraryは、画像処理、コンピュータービジョン、機械学習をターゲットとしたArmのCPUとGPUの各アーキテクチャ向けに最適化されています。 MITオープンソースライセンスの許可に基づき無償で利用可能です。


ローレベルの最適化された機能の便利なリポジトリとして、開発者は要件を個別に調達したり、複雑なパイプラインの一部として機能を使用してアルゴリズムやアプリケーションを高速化することができます。


ライブラリの関数のコレクションは以下のとおりです。

  • 基本算術、数学、および二項演算子関数
  • 色操作(変換、チャネル抽出など)
  • 畳み込みフィルタ(Sobel、Gaussianなど)
  • Canny Edge、Harrisコーナー、オプティカルフローなど
  • ピラミッド(ラプラシアンなど)
  • HOG (方向勾配ヒストグラム)
  • SVM (サポートベクトルマシン)
  • H/SGEMM (半精度および単精度の一般行列乗算)
  • 畳み込みニューラルネットワークのビルディングブロック(アクティベーション、畳み込み、完全接続、ローカル接続、正規化、プーリング、Soft-max)
特長とメリット
性能と効率

Arm Compute Libraryは、箱から出してすぐに使える包括的な機能と優れた性能を提供します。 成熟していて、テスト済みであるため、コストと労力を大幅に削減でき、開発者は差別化に集中し、製品の市場投入までの時間を短縮できます。

オペレーティングシステムにとらわれない

ライブラリは、現代のさまざまなLinuxおよびAndroid ArmベースのSoC (System-on-Chip)プラットフォームにデプロイされています。

Armベースのプロセッサー向けに実装

Arm Compute Libraryには、Arm Cortex-A CPUおよびArm Mali GPU用に実装されたソフトウェア機能の包括的なコレクションが含まれています。

エキスパートに聞く

複雑なソフトウェアシステムにより、さまざまなモジュールのインターワークと基盤となるハードウェアの機能を理解することが重要です。Armベースのプロセッサーに関する質問がある場合、Armのエキスパートに質問してください。

詳細

Arm Compute Library関連情報

プロジェクトでの適切な判断に必要なさまざまな情報を得られます。 テクニカルドキュメント、業界動向、エキスパートによるアドバイスの問い合わせ先が含まれています。

 

役に立つドキュメント: