IoTエンドポイントの開発期間を短縮

Beetle IoT評価プラットフォームは、Mbed OSを搭載した総合的なリファレンスシステムで、IoTエンドポイント用のSoC設計の複雑さとリスクを緩和することができます。 さまざまなペリフェラルやインタフェースを持ち、特にArm Cortex-MプロセッサーおよびArm Cordio Bluetooth Smart RadioのIPと使用できるよう設計されています。

特長とメリット
すべてがそろったIoTエンドポイント

ほとんどのIoTエンドポイントに必要な事前検証済みのファウンデーションIPを含むなど、すべてがそろったArm SSE-100サブシステムで、開発に有利なスタートを切ることができます。

堅牢なオンチップペリフェラル

Arm Cortex-M3プロセッサー、Arm Cordio Bluetooth Smart Radio、TSMCの組み込みフラッシュ、モーションセンサー、温度センサーなどが含まれます。

デバッグ機能搭載

JTAG、SWD、CMSIS-DAP、TRACEなど、標準搭載の多くのデバッグ機能を活用して、ソリューションを迅速に開発および最適化できます。

PCアクセス可能

マイクロコントローラー・ベースのコンフィギュレーション・メカニズムにより、ホストPCからフラッシュメモリにUSB経由でソフトウェアとファームウェアを簡単にプログラムできます。

Arm Mbed OS互換

1レーンあたり最大12.5Gbps (合計で20Gbps)のレーン速度で、CoreSightおよびカスタムのIPデバイスから詳細なトレース情報を取得できるよう構成します。

CMSIS互換

Cortexマイクロコントローラー・ソフトウェア・インタフェース・スタンダード(CMSIS)は、複数のCortex-Mプロセッサーにまたがり簡単にデバッグ済みコードを移植できるハードウェア抽象化レイヤです。

適用例
全ライフサイクルの開発
エキスパートに聞く

BeetleがどのようにSoC開発を加速化するかご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス
その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

Arm Musca-Aテストチップボード

IoTデバイスを一から実装する必要がない完全なリファレンスシステムであるArm Musca-Aテストチップボードは、セキュアなIoTデバイスの実現に最適な開発プラットフォームです。

Arm MPS2+ FPGA プロトタイピングボード

Cortex-Mプロセッサーのプロトタイピングにかかる期間を短縮でき、設計例や堅牢なソフトウェアのサポートのほか、広範なデバッグオプションと便利なペリフェラルが付属している手頃な価格のFPGA開発ボードです。

Arm MPS3 FPGA プロトタイプボード

複雑なプロトタイプ組み込み設計(小型のCortex-Aプロセッサーにおいても)のために、MPS3 FPGAプロトタイプボードには、MPS2+の5倍のFPGA容量、大容量メモリ、SO-DIMMコネクタが搭載されています。

Arm Development Studio

Armベースのあらゆるシステムに対応したエンド・トゥ・エンドのソフトウェア開発環境で、Armコンパイラ、デバッガー、IDE、パフォーマンス分析ツール、モデル、ミドルウェアが含まれます。