IoTエンドポイントの開発期間を短縮

MUSCA-A1テストチップボードは、Arm TrustZoneシステムのリファレンス実装で、IoTセキュリティを当初から適切に装備するために役立ちます。 Platform Security Architectureの推奨事項を実装しており、セキュアソフトウェアのプロトタイピングに使用できます。

特長とメリット
セキュリティのためのハードウェアサポート

Arm Musca-A1テストチップは、Cortex-M33プロセッサー、Corstone-200 Foundation IP、CoreSight SoC-400Mデバッグ、CryptoCell-312など、使用可能な複数のArm IPコンポーネントから構築されています。

ソフトウェア開発プラットフォーム

Musca-A1はソフトウェア開発プラットフォームでもあるため、セキュアソフトウェアを開発しやすくなりました。 ArmではPSAトラステッド・ファームウェアの開発にも使用しており、同じアーキテクチャ上で構築された任意にデバイスに簡単に移植できます。

PSA対応

テストチップのアーキテクチャでは、セキュアなIoTデバイスに推奨されるプラットフォームであるPlatform Security Architecture (PSA)を実装しており、社内ArmソフトウェアチームおよびArmパートナーによる試用およびテストを経ています。

Armv8-Mリファレンスシステム

Musca-A1テストチップの心臓部であるサブシステム・アーキテクチャは、Armv8-Mプロセッサーを取り巻くすべてのエコシステムで使用されており、Arm TrustZoneによる分離をプロセッサーの外部、システム全体にまで拡張します。

多層防御

分離はセキュリティの秘訣です。 Arm CryptoCell IPは、ルートオブトラストを超えて、キー処理、ライフサイクル管理、暗号化、認証、およびその他の多くの暗号サービスのために追加のセキュリティを提供します。

必要に応じた高性能

高速プロセッサーを常時アクティブにしておくことは非効率です。 Musca-A1テストチップの心臓部にあるサブシステムによって、必要に応じて高性能を発揮し、必要としないときは電力を消費しないことが保証されます。

適用例
全ライフサイクルの開発
エキスパートに聞く

Musca-A1でSoC開発が促進される理由を確認してください。

お問い合わせ
関連製品・サービス
その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

Beetle IoT評価プラットフォーム

Arm Cortex-M3プロセッサーをベースとし、Mbed OSとさまざまなペリフェラルとインタフェースを装備して、IoTエンドポイント向けにSoC設計の複雑さとリスクを軽減する完全なリファレンスシステムです。

Arm MPS2+ FPGA プロトタイピングボード

Cortex-Mプロセッサーのプロトタイピングにかかる期間を短縮でき、設計例や堅牢なソフトウェアのサポートのほか、広範なデバッグオプションと便利なペリフェラルが付属している手頃な価格のFPGA開発ボードです。

Arm MPS3 FPGA プロトタイプボード

複雑なプロトタイプ組み込み設計(小型のCortex-Aプロセッサーにおいても)のために、MPS3 FPGAプロトタイプボードには、MPS2+の5倍のFPGA容量、大容量メモリ、SO-DIMMコネクタが搭載されています。

Arm Development Studio

Armベースのあらゆるシステムに対応したエンド・トゥ・エンドのソフトウェア開発環境で、Armコンパイラ、デバッガー、IDE、パフォーマンス分析ツール、モデル、ミドルウェアが含まれます。