高速なArmプロトタイピングをFPGA上で 

Arm MPS2+ FPGA Prototyping Boardにより、完全なCortex-Mプロセッサーファミリの設計、プロトタイピング、評価を短期間で行えます。また、設計例とソフトウェアサポートも利用可能です。 これには、最新のCortex-MプロセッサーであるCortex-M33のほか、DesignStartプログラムの一部として、Cortex-M3とCortex-M0も含まれます。

特長とメリット
確かなCortex-Mリファレンス

Arm MPS2+ FPGA Prototyping Boardには、すべてのCortex-Mプロセッサーの暗号化された構成固定のFPGA実装をロードできます。また、PSRAM、イーサネット、タッチスクリーン、オーディオ、VGA、SPI、GPIOなどのペリフェラルが搭載されています。

サブシステム開発を加速化

MPS2+は、Arm SSE-100サブシステムとArm SSE-200サブシステムのFPGA実装をサポートしています。また、このボードで利用可能なソフトウェア開発プラットフォームでは、Armv7-MまたはArmv8-MでMbed OSを実行するIoTサブシステムを評価できます。

多数のコネクタ

MPS2+は、I/Oコネクタとデバッグコネクタを数多く備えており、Arm JTAG 20、4ビットRGB VGA、Armパラレルトレース(MICTOR38)、20ピンCortexデバッグ、10ピンCortexデバッグ、FPGAデバッグ用ILAコネクタなどをご利用いただけます。

DesignStartプログラムのサポート

Arm DesignStartプログラムを通じて、Cortex-M0とCortex-M3をベースした設計の評価、設計、プロトタイピングを行えます。このプログラムでは、前払いのライセンス料は不要で、成果に応じたロイヤルティモデルだけでArm IPを提供します。

適用例
ライフサイクル全般の開発
エキスパートに聞く

MPS2+によってどのようにSoC開発を加速できるのかをご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス
その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

Cortex-M

Cortex-Mプロセッサーファミリは、Armの最小かつ最低消費電力のCPUスイートであり、要求が厳しい産業用途向けの面積効率とエネルギー効率を提供します。Cortex-Mベースのプロセッサーが、センサーハブにおいて中心的な役割を果たし、高度な信号処理機能を提供してスマート製造をサポートします。

Arm Mbed OS

オープンソースの組み込みオペレーティングシステムを無償で提供。セキュリティ、接続、RTOS、デバイス管理など、Cortex-Mベースのコネクテッド製品を開発する際に必要なさまざまな機能を備えています。

Keil MDK

Armベースのマイクロコントローラー・アプリケーションを開発するために、Keil MDKには組み込みアプリケーションの作成、ビルド、デバッグに必要なすべてのコンポーネントと、開発を加速化するソフトウェアパックが含まれています。

Arm Development Studio

Armベースのあらゆるシステムに対応したエンド・トゥ・エンドのソフトウェア開発環境で、Armコンパイラ、デバッガー、IDE、パフォーマンス分析ツール、モデル、ミドルウェアが含まれます。

MPS2+に関する関連情報

プロジェクトでの適切な判断に必要なさまざまな情報を得られます。 テクニカルドキュメント、業界動向、エキスパートによるアドバイスの問い合わせ先が含まれています。

 

Arm開発者サイトに移動する