限られたピン数で高速トレース

ハイスピードシリアルトレースプローブ(HSTTP)は、大量のトレースデータが必要な場合や、SoCのピン数の制限でパラレルトレースが使用できない場合に適しており、DSTREAMへ複数レーンのハイスピードシリアルトレースをキャプチャできます。

詳細
特長とメリット
高速データ転送

1レーンあたり最大12.5Gbps (合計で20Gbps)のレーン速度で、CoreSightおよびカスタムのIPデバイスから詳細なトレース情報を取得できるよう構成します。

トレースピン数を削減

1つのレーンにピン2本 - HSSTPは、16ピンのパラレルトレースポートに匹敵するトレースデータレートで転送できます。

マルチプロトコルのサポート

Arm SoCの最も一般的なシリアルトレースプロトコルであるArm HSSTPおよびMarvell® SETMの2つをサポートしています。

豊富な機能
幅広いArmアーキテクチャのサポート

HSSTPは、DSTREAMと同様に、Armアーキテクチャv4~v8をサポートしています。 そのため、HSSTPはレガシーから最新までをカバーできます。

Armツールに最適

DSTREAMとArm Development Studioは最適な組み合わせです。 SoCコンポーネントの自動検出など、Development Studioの強力な機能にアクセスできます。

豊富なデバッグ機能

デバイス固有レジスタの追加、命令やデータのトレース履歴の表示、デバイス固有レジスタの接続のカスタマイズ、ターゲットのリセット解除などができます。

大容量トレースバッファ

DSTREAMの4GBの内蔵トレースバッファと組み合わせると、長時間のトレースデータを保存できます。

CoreSightトレースマクロセル

ETMからPTMやITM、STMまで、DS-5がサポートするさまざまなArm CoreSightマクロセルからトレースデータを取得できます。

適用例
エキスパートに聞く

HSSTPがどのようにSoC開発を加速化するかご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス
その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

Arm Development Studio

Armベースのあらゆるシステムに対応したエンド・トゥ・エンドのソフトウェア開発環境で、Armコンパイラ、デバッガー、IDE、パフォーマンス分析ツール、モデル、ミドルウェアが含まれます。

DSTREAM-PT

標準搭載する幅広いターゲットコネクタ(JTAG、MICTOR、CoreSight、MIPIなど)とArm Development Studioによるターゲットシステムの自動検出でカスタムSoCに対応、大容量8GBのトレースバッファを内蔵し最大19.2Gbs(32ピン)の広帯域幅並列トレースに対応、デバッグおよびリアルタイムの動的モニタリングを実現する第2世代のデバッグ/トレースプローブです。

DSTREAM-ST

Armプロセッサーの最大限の可視性を実現する第2世代のArmデバッグプローブは、4ピンを介した2.4Gbpsの並列トレースや、ホストPCへのトレースデータの直接ストリーミング、Arm Development Studioによるシステムの自動検出、幅広いターゲットコネクタを搭載しています。