機能安全を備えたArm初の高性能GPU

Mali-G78AE GPUは、自動運転のユースケースの複雑な要件に対応するよう設計されており、オートモーティブおよび産業市場の柔軟性、スケーラビリティ、および安全性の要件を満たす高度な機能を提供します。Mali-G78AEは、Armの厳格な機能安全のフローおよびプロセスに従って開発されており、ASIL B/SIL 2の診断要件とASIL D/SIL 3を満たし、体系的な障害を回避できる安全性を備えています。

特長とメリット
フレキシブル・パーティショニング

Mali-G78AE GPUには、新しいフレキシブル・パーティショニング機能が組み込まれており、ワークロード分離のために最大4つの完全に独立したパーティションを可能にします。

フレキシブル・パーティショニングによってさまざまなワークロードに専用のハードウェアリソースを割り当てることができるため、安全なワークロードと非安全のワークロードまたは時間制限のあるワークロードを完全に分離できます。

仮想化

Mali-G78AEは、仮想化のためのハードウェアサポートを提供し、標準的なタイムスライス・アプローチでリソースを共有するために最大16台の仮想マシン(VM)への直接アクセスを可能にします。さらにこれを強化するために、Mali-G78AEは、仮想化システムにおけるソフトウェアの複雑さを最小限に抑えるためのいくつかの新しいインタフェースを導入しています。

安全の実現

Mali-G78AEは、ISO 26262およびIEC 61508規格に準拠して設計されています。ASIL B/SIL 2診断要件を満たす安全性があり、自動運転システムで必要とされるヘテロジニアス・コンピューティングを提供します。ArmのエコシステムパートナーCoreAVIからの支援を受けて、ASIL Dを対象とするGPUドライバーがサポートされる予定です。このソフトウェアには、安全性機能を強化する実行時間テストが追加されることになっています。

適用例
イノベーションとアイデアが現実になる場所

フレキシブル・パーティショニングにより、最大4つの個別のハードウェアパーティションを作成でき、ワークロードを分離できます。これは、自動運転車にとって重要な機能です。固定ルートの定期便やラストマイルデリバリー車両の可能性を生み出し、貨物輸送やタクシー配車サービスの変革にも役立ちます。

エキスパートに聞く

Mali-G78AEが、オートモーティブ市場や産業市場向けの自律型製品に高度なグラフィックス性能をどのように提供するかをご紹介します。

お問い合わせ
関連製品・サービス
その他のオプションと機能について知る
Cortex-A78AE

Cortex-A78AE

異なるワークロードを同時に実行できる柔軟性や、以前と比較して30%向上した性能により、Cortex-A78AEは、複雑な自動運転および自律型産業システムに必要な拡張性のあるヘテロジニアスなコンピューティングを提供します。

Mali-C71AE

Mali-C71AE

Mali-C71AEは高度かつ高性能のISPとして、コンピュータービジョン(CV)システムと人間が見るディスプレイの両方にとって重要な視覚情報を明快かつ便利な表示で提供します。Mali-C71AEは、機能安全のための組み込み機能を搭載した初となるArm ISPです。

CoreLink CMN-600AE

CMN-600AEは、拡張性の高いコヒーレントなメッシュネットワークです。Armv8-Aプロセッサー向けに最適化され、ASIL BからASIL Dの自動車安全要件を満たす必要がある高性能IVI、デジタルコックピット、およびADASシステム用に設計されています。

CoreLink GIC-600AE

Arm最新のGICv4互換割り込みコントローラーでは、高度な安全メカニズムを採用しており、ASIL Dアプリケーションまでを対象としています。Armv8-AクラスのAE CPUと組み合わせたGIC-600AEによって、高性能の安全志向システムをIVI、ADAS、自動運転システムで使用することができます。

CoreLink MMU-600AE

Arm MMU-600AEは、メモリ仮想化やPCIeアドレス変換サービスのサポートなどのあらゆるメモリ管理を行い、ASIL BからASIL Dの安全性レベルまでを対象とした高性能システムを実現します。

アーキテクチャとテクノロジー
成功の基盤

Armベースのチップ、デバイスアーキテクチャ、テクノロジーによって、現代の生活に欠かせないすべてのデバイスに最適なパフォーマンスを提供します。