クラウドツーエッジ・インフラストラクチャの変革を加速

Neoverse N1 CPUは、幅広いクラウドネイティブのワークロードを世界レベルの性能、効率、計算密度で処理できるように最適化されています。クラウドプロバイダー、通信業者、開発者、顧客のために、より柔軟でスケーラブルな、競争力の高いインフラストラクチャを提供します。

特長とメリット
革新的なコンピューティング性能

市場をリードするサーバー性能を半分の電力で提供するNeoverse N1は、クラウドとエッジのコンピューティング効率と性能/電力に大変革をもたらします。お客様の立場から見ると、価格性能とTCOの利益が40%以上向上しています。

インフラストラクチャ特有の機能

Neoverse N1プラットフォームはArmv8.2-Aの仕様をサポートしており、includeサーバークラスのRAS、効率的な仮想化、CPU電力管理、キャッシュスタッシング、統計的なコードプロファイリング、Iキャッシュコヒーレンシのサポートなどのインフラストラクチャ市場を対象としたアーキテクチャおよび実装機能のホストを提供します。

極めて優れたスケーラビリティと多様性

前世代のArmインフラストラクチャCPUと比較して計算効率を少なくとも30%向上するN1プラットフォームは、ネットワーキングと特定のタスク向けの35Wサブシステムから、マルチコア設計を必要とするハイパースケールワークロードまで拡張できます。

Neoverse N1 CPU Specs

仕様

Arm Neoverse N1 CPUは、サーバクラスの機能とスレッド性能を最先端の低消費電力設計技術と組み合わせることで、次世代クラウドからエッジインフラまでを構築するためのワットあたりの革新的な性能を実現しています。

詳細は、Arm Developerをご覧ください

Arm Neoverse N1:パフォーマンス解析の方法

Neoverse N1ベースのシステムが広く利用できるようになったことで、多くの実ワークロードで、レガシーシステムと比較して非常に競争力のあるパフォーマンスと大幅なコスト削減が実現されています。最近では、H.264ビデオ・エンコーディング、memcached、Elasticsearch、NGINXなどの例があります。

ダウンロード
各種業界向けソリューション
クラウドからエッジに広がる性能

NeoverseN1は、拡張性のあるクラウドツーエッジインフラストラクチャへの変革を加速するように設計さています。Armのお客様がNeoverse N1の高性能かつ低電力のソリューションを各分野でどのように導入しているのかをご覧ください。

クラウド・コンピューティング

クラウドをご利用のお客様は、幅広いワークロードで、従来のアーキテクチャベースのインスタンスと比較して最大40%向上した価格性能を体験しています。

高性能コンピューティング(HPC)

HPCの研究者は、計算流体力学、医療研究、石油とガスの探査や、他の計算量の多いワークロードにおけるNeoverse N1のスケールアウト性能について調査しています。

エッジコンピューティング

Neoverse N1は、トップクラスの性能と驚異的な電力効率を組み合わせることで、電力とスペースに制約のあるエッジのユースケースに最適なソリューションとなっています。

ArmおよびAWSがクラウドの価格性能比を再定義

Arm Neoverse N1をベースにしたAWS Graviton2プロセッサーのインスタンスは、x86ベースのインスタンスと比較して価格性能が最大40%向上しました。

関連製品・サービス
より多くのオプションと機能を探す

Neoverse E1

スループット・コンピューティングのワークロード用に設計された高効率のプラットフォームで、次世代のエッジツーコアのデータ転送に対応する拡張性を備えています。

CMN-600

ネットワーキング・インフラストラクチャ、ストレージ、サーバー、HPC、オートモーティブ、および産業用のソリューションなどの幅広いアプリケーション向けに最適化されているこのコヒーレントなメッシュネットワークで、SoCの統合にかかる時間を短縮できます。