次世代のスループットのニーズに応えるインフラストラクチャ

Neoverse E1プロセッサーは、特にスループット・コンピューティング・ワークロード用に設計された新しいクラスの高効率CPUテクノロジーです。この設計は拡張性が高く、次世代のエッジツーコアのデータ転送を実現するためのスループットのニーズに対応できます。

特長とメリット

高効率スループット

Neoverse E1では、同時マルチスレッド(SMT)によって2つのスレッドを同時に実行できることから、総スループットの性能が向上します。アウトオブオーダー・パイプラインは全体的な性能を向上させ、これまでのパイプラインよりも高い効率を実現します。

Armソフトウェアエコシステム

Armv8.2-AアーキテクチャとAArch64 ISAをサポートすることにより、Neoverse E1はNeoverse N1と互換性を持ち、ツールからOSやアプリケーションのサポート(Linuxカーネル、データプレーン開発キット、およびOpenSSLライブラリなど)までの幅広いエコシステムを活用します。

高度にスケーラブルなプラットフォーム

Neoverse E1は、4W CPU電力バジェットの25Gbpsシステムから複数の100Gbpsシステムへの拡張に対応する柔軟なプラットフォームです。Accelerator Coherency Port (ACP)は、低レイテンシーとキャッシュスタッシング機能によって、密接に連結した固定機能のハードウェアオフロードをサポートしています。

包括的インフラストラクチャ・プラットフォームへの投資

Arm_Neoverse_Infrastructure_platform

データセンターインフラへの進出は、Armにとって大きな飛躍の機会

NeoverseはArm初の広範なCPUコアのロードマップであり、消費者向けのIP製品群とは異なり、特にインフラストラクチャを対象としています。Neoverseは、企業がクラウドインフラやシステムに牽引されている事実から生まれました。

レポートをダウンロードする

エキスパートに相談する

Neoverse E1が、データ転送デバイスのスループット性能と効率をどのように向上させるかをご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス

より多くのオプションと機能を探す

Neoverse E1エッジリファレンス設計

16x Neoverse E1 CPU – 計算量の多いエッジクラウド、ネットワーク、ストレージ、およびセキュリティワークロード向け。

Neoverse N1

ワットあたりの革新的な性能でサーバークラスのスレッド性能と機能セットを提供することで、スケーラブルなクラウドツーエッジ・インフラストラクチャへの変革を加速します。

CMN-600

ネットワーキング・インフラストラクチャ、ストレージ、サーバー、HPC、オートモーティブ、および産業用のソリューションなどの幅広いアプリケーション向けに最適化されているこのコヒーレントなメッシュネットワークで、SoCの統合にかかる時間を短縮できます。

アーキテクチャとテクノロジー

成功の基盤

Armベースのチップ、デバイスアーキテクチャ、テクノロジーは、スマートフォンから農業用センサーや医療機器、サーバーまで、現代の生活に欠かせないすべてのデバイスに最適なパフォーマンスを提供します。