インテリジェントなコネクテッドシステムのための拡張性の高いメッシュ

Arm CoreLink CMN-600コヒーレントメッシュネットワークは、ネットワーキング・インフラストラクチャ、ストレージ、サーバー、HPC、オートモーティブ、産業用のソリューションなど、幅広いアプリケーションにおけるインテリジェントなコネクテッドシステム向けに設計されています。 この拡張性の高いメッシュはArmv8-Aプロセッサー向けに最適化されており、幅広い性能ポイントにわたってカスタマイズすることができます。

特長とメリット

高性能でスケーラブルなコヒーレントメッシュ

スケーラブルなメッシュネットワークは、システムの性能や面積の要件に合わせてカスタマイズできます。ネイティブのAMBA 5 CHIネットワークは、コンピュート、アクセラレータ、共有メモリーリソースへのIO間における、高周波かつノンブロッキングのデータ転送を提供します。

SoCインテグレーション時間の短縮

Socratesは、最適化された実行可能なCoreLink CMN-600インターコネクトファブリックを構成・作成するためのガイドを設計者に提供します。 インターコネクトの構成とアセンブリに関連する複雑な課題に対応することで、設計時間の短縮とより高品質なインターコネクトの作成を支援します。

演算密度の最大化

CoreLink CMN-600は、小型で効率的なアクセスポイントから演算密度を最大化したデータセンターソリューションまで、Armv8-Aシステム向けの高性能コヒーレントバックプレーンを提供します。

コヒーレントマルチチップリンク

CoreLink CMN-600コヒーレントマルチチップリンク(CML)は、複数のSoCにわたって高周波、ノンブロッキングのAMBA 5 CHIプロトコルメッセージを拡張するため、システム設計者は共有仮想メモリーを使用してより多くのコンピュートやアクセラレーションを接続することができます。 

オープンスタンダードへの対応

マルチチップリンクは、オープンコヒーレンシ規格であるCCIXもサポートしており、これは異なる命令セットアーキテクチャをベースとするプロセッサーが、キャッシュコヒーレントなピア処理の利点をアクセラレーションデバイスに拡張することを可能にします。

アジャイルなシステムキャッシュ

オンチップでデータを保持することで、性能と効率が大幅に向上します。統合されたアジャイルなシステムキャッシュは、ネットワークやストレージなどのIOスループットワークロードを向上させるために設計されています。

適用例

イノベーションとアイデアが現実になる場所

新たなテクノロジーがネットワークインフラストラクチャとクラウドコンピューティングを変革します。

エキスパートに相談する

エッジからクラウドまで、より強力なインフラストラクチャSoCの構築をしてみませんか?Arm CoreLink CMNの製品がどのように役立つかをご紹介します。

お問い合わせ
関連製品・サービス

より多くのオプションと機能を探す

Cortexプロセッサー

Armプロセッサーには、超低電力のCortex-Mシリーズ、リアルタイム応答のCortex-Rシリーズ、高性能なCortex-Aシリーズがあります。

グラフィックスおよびマルチメディア

Arm MaliメディアIPにより、スマートフォン、タブレット、テレビ、ウェアラブルといった増大する数多くのモバイルデバイスやコンシューマー向け機器全体で、電力効率のよい高性能のメディア処理が可能になります。

CoreSightデバッグとトレース

Arm CoreSightテクノロジーは、ArmベースのSoC上で動作するソフトウェアをデバッグとトレースを行うために使用できる一連のツールです。

システムメモリ管理ユニット

システムメモリ管理ユニット(SMMU)は、キャッシュやメモリ仮想化など、あらゆるメモリ管理を行います。   

割り込みコントローラー

Armの汎用割り込みコントローラー(GIC)は、割り込み管理、優先順位付けとルーティングの重要なタスクを実行します。  

CMN-600の関連情報

プロジェクトに関する適切な判断に必要なさまざまな情報を得られます。テクニカルドキュメント、業界動向、エキスパートによるアドバイスの問い合わせ先が記載されています。

 

ブログ

製品仕様

開発者向けの関連情報を入手