8ビットコストの32ビット低消費電力プロセッサー

Cortex-Mプロセッサーシリーズは、開発者が広範なデバイス向けにコスト重視で消費電力に制限のあるソリューションを作成できるように設計されています。 このシリーズで提供されるスケーラブルで消費電力効率のよい使いやすいプロセッサーは、将来のスマートおよびコネクテッド組み込みアプリケーションのニーズを満たすように設計されています。 Cortex-M0+プロセッサーは、すべてのCortex-Mプロセッサーの中で最小のフットプリントと消費電力の要件を備えています。 この低消費電力プロセッサーは、センサーやウェアラブル機器などの幅広いアプリケーションに適しています。

特長とメリット

インテリジェンスの追加

Cortex-M0+プロセッサーは、すべてのCortex-Mプロセッサーの中で最小のフットプリントと消費電力の要件を備えています。 スマートセンサーやミックスドシグナルSoC (Systems on Chip)といった低コストのデバイスに最適で、以前には不可能だったインテリジェンスをデバイスに追加できます。

コストと電力の削減

Cortex-M0+の並外れたコード密度によって必要メモリサイズが大幅に削減され、オンチップのフラッシュメモリを最大限に活用してメモリコストを節約し、メモリの電力を削減し、最大性能を向上させることができます。 8/16ビットのプロセッサーコストの観点で32ビット処理のインテリジェンスを活用できます。

長いバッテリー寿命

Cortex-M0+プロセッサーを使用すると、開発者は、ビルトインの低消費電力機能によって特定のアプリケーション向けに電力の使用を最適化できます。 高度に最適化された3つの低消費電力モードにより、このプロセッサーは処理要求に応じてエネルギーを節約します。

適用例

イノベーションとアイデアが現実になる場所

ウェアラブル内で常時監視を行うセンサーは、長いバッテリ寿命を持ち、小さなシリコン面積に収まっている必要があります。 超低消費電力とコンパクトなコードにより、Cortex-M0+はヘルスケアやフィットネスといったウェアラブルでの使用に最適です。

エキスパートに聞く

Cortex-M0+でどのようにしてコストを抑えながら製品のエネルギー効率を高めることができるかをご確認ください。

お問い合わせ
関連製品・サービス

その他のオプションと機能について知る

Arm Development Studio

Armベースのあらゆるシステムに対応したエンド・トゥ・エンドのソフトウェア開発環境で、Armコンパイラ、デバッガー、IDE、パフォーマンス分析ツール、モデル、ミドルウェアが含まれます。

ソフトウェア・テスト・ライブラリ

Armのソフトウェア・テスト・ライブラリは、ISO 26262およびIEC 61509システムの機能安全要件に対処するための広範な診断機能を提供します。

BBC micro:bit

BBC micro:bitはポケットサイズのコンピューターで、
テクノロジーの可能性を探究する生徒をサポートし、発想から
ワクワクする新発明を生み出すために必要なスキルを育むことができます。

詳細
アーキテクチャとテクノロジー

成功の基盤

スマートフォンから農業用センサーや医療機器、サーバーまで、現代の生活に欠かせないすべてのデバイスの性能を、Armベースのチップ、デバイスアーキテクチャ、テクノロジーが統合します。

Cortex-M0+関連情報

プロジェクトでの適切な判断に必要なさまざまな情報を得られます。 テクニカルドキュメント、業界動向、エキスパートによるアドバイスの問い合わせ先が含まれています。

 

ホワイトペーパー

ツール

トレーニング

業界ニュース

 

Arm開発者サイトに移動する