精度モデルですぐに実行

最大数百MHzで動作できるFixed Virtual Platform(FVP)は、Arm Fast Modelsで構築できる一般的なシステム構成の機能的精度を維持し、事前構成済みでシミュレーションできます。 主要コンポーネントをすべて含んでいるため、ハードウェアが利用できるようになる前でもソフトウェアの大部分を開発できます。

FVPsを評価するFVPsを購入する

特長とメリット

完全なシステムシミュレーション

Fixed Virtual Platformは、物理的なターゲットがなくても、Arm用のベアメタルソフトウェアやOSにホストされたソフトウェアを開発でき、非常に便利です。 プロセッサー、メモリ、その他のペリフェラルがFVP内でモデル化されているため、プログラマの視点からArm IPの動作を把握できます。

ソフトウェア開発の有利なスタート 

Fixed Virtual Platformは、ハードウェアが利用できるようになってからしかソフトウェア設計を開始できないというボトルネックを取り除きます。 Fixed Virtual Platformがあれば、ソフトウェア設計チームは可能な限り早い段階で最新のArm IPのプログラムを開始できるので、ソフトウェア開発サイクルを短縮できます。

拡張性と自動化

インタフェースをスクリプト作成するとArm FVPを簡単に自動化でき、継続的な統合や検証ファームでの利用に最適です。 仮想プロトタイプは、実際のハードウェアに比べて拡張やメンテナンスが簡単です。

完全なデバッグが可能 

Fast Modelsのデバッグインタフェースで、多くのデバッグベンダがサポートしているFVPへの仮想接続が可能です。 このインタフェースでは、ハードウェアターゲットとソフトウェアターゲットでデバッグツールを変更しなくても、同じ操作でデバッグできます。

コア数を自在に構成

システムのCPUインスタンス数を、x1、x2、x4に設定できます。

同梱ソフトウェア

FVPの中には、AndroidやLinux OSなど、互換性がありすぐに実行できるソフトウェアスタックを含むものがあります。 また、一部のFVPは、SoC設計ガイドとリファレンス・ソフトウェア・スタックを含むシステム・ガイダンス・バンドルに含まれています。

適用例

ソフトウェア開発の加速化

ハードウェアが利用できるようになる前でも、最新のArmベースデバイスでソフトウェアの開発を開始できます。 シリコンが利用できるようになる前でも、最新のArm CPUとシステムIPの検査を開始できます。

エキスパートに聞く

ArmのFixed Virtual Platformがどのように開発を加速化するかご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス

その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

Fast Model

Fast Modelは、ターゲットハードウェア上でのソフトウェアの実行をシミュレートできるArm IPの柔軟な精度モデルで、プロファイリング、デバッグ、トレースなどのシミュレーションを完全に制御できます。

Arm Development Studio

Armベースのあらゆるシステムに対応したエンド・トゥ・エンドのソフトウェア開発環境で、Armコンパイラ、デバッガー、IDE、パフォーマンス分析ツール、モデル、ミドルウェアが含まれます。

Cycle Models

Cycle Modelsは、RTLから直接コンパイルされた、Arm IPの100%サイクル精度モデルです。 ユーザーはCycle Modelsを使って、Arm IPの選択や設定、アーキテクチャの決定、システムパフォーマンスの最適化を行います。

Cycle Model Studio

Cycle Model Studioでは、以前のプロジェクトやサードパーティの既存のIPからカスタムのCycle Modelsを生成し、精度が高く完全な仮想プロトタイプの作成を大きく前進させることができます。