ハードウェアがなくてもソフトウェア開発が可能

 

Fast Modelは、Arm CPUおよびシステムIPの高精度かつ柔軟なプログラマビューモデルで、ハードウェアが実装される前でも最新のArm IPをターゲットにしたソフトウェア開発を進められます。 統合や検証を継続的に行うために、ターゲットを簡単に展開したり自動化したりできる点も評価されています。

Fast Modelsを評価する

特長とメリット

優れた機能精度

Arm IPと平行して開発およびテストされたFast Modelsは、非常に精度が高い検証済み仮想プロトタイプをソフトウェア開発に提供できます。 Fast Modelsは、OSカーネルやデバイスドライバーなどの低レベルのソフトウェア開発に最適です。

完全でしかも柔軟

Fast Modelsは、コプロセッサーレジスタ、例外レベル、変換テーブル、キャッシュなど、極めて詳細なArm IP実装をサポートしています。 SystemCインタフェースにより、サードパーティモデルを仮想SoCプロトタイプとして統合することができます。

完全なデバッグが可能

Fast Modelsのデバッグインタフェースで、多くのデバッグベンダがサポートしているモデルへの仮想接続が可能です。 このインタフェースでは、ハードウェアターゲットとソフトウェアターゲットでデバッグツールを変更しなくても、同じ操作でデバッグできます。

完全なデバッグが可能

Fast Modelsのデバッグインタフェースで、多くのデバッグベンダがサポートしているモデルへの仮想接続が可能です。 このインタフェースでは、ハードウェアターゲットとソフトウェアターゲットでデバッグツールを変更しなくても、同じ操作でデバッグできます。

ケーススタディ

仮想プロトタイピングのメリット: SoC設計からソフトウェア開発まで

仮想プロトタイプにソフトウェアベースの方法を取り入れることで、設計を早期に検証し、ハードウェアとソフトウェアの並行開発を始めることができます。

今すぐダウンロードする
適用例

エキスパートに聞く

ArmのFast ModelsがどのようにSoC開発を加速化するかご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス

その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

Fixed Virtual Platform (FVP)

実際のハードウェアに匹敵する速度で実行できるFixed Virtual Platformは、ソフトウェアの構築とテストを行うArmシステム(プロセッサー、メモリ、ペリフェラルを含む)の完全なシミュレーションです。

Arm Development Studio

Armベースのあらゆるシステムに対応したエンド・トゥ・エンドのソフトウェア開発環境で、Armコンパイラ、デバッガー、IDE、パフォーマンス分析ツール、モデル、ミドルウェアが含まれます。

Cycle Models

Cycle Modelsは、RTLから直接コンパイルされた、Arm IPの100%サイクル精度モデルです。 ユーザーはCycle Modelsを使って、Arm IPの選択や設定、アーキテクチャの決定、システムパフォーマンスの最適化を行います。

Cycle Model Studio

Cycle Model Studioでは、以前のプロジェクトやサードパーティの既存のIPからカスタムのCycle Modelsを生成し、精度が高く完全な仮想プロトタイプの作成を大きく前進させることができます。