商用グレード

Keil RTX5は、多機能でロイヤリティフリーのリアルタイムOSで、Cortex-Mプロセッサーベース・デバイス用の汎用RTOSインタフェースであるCMSIS-RTOS API v2を実行しています。 機能にはタイマー動作、メモリ管理、スレッド間通信などがあります。

特長とメリット
MDKに同梱

Keil RTX5は、Keil MDKに無償で含まれています。 Apache 2.0ライセンスの許可に基づき、Github上で自由に設定し公開開発できます。

使いやすい

Keil RTX5はµVision IDE/デバッガーでサポートされており、リアルタイム・アプリケーションをすばやくデバッグするRTX対応ツールが使えるため、製品開発を加速化し、学習期間を短縮できます。

組み込みシステムに最適

Keil RTX5はメモリフットプリントが小さく(ROMで最小5KB)高速なので、組み込みシステムに最適です。 複数のカーネル・スケジューリング・オプションから、アプリケーションに最適なものを選べます。

確定度の高い動作の実現

Keil RTX5は極めて確定度の高い動作を提供するため、イベントと割り込みが事前定義された時間内(期限内)に処理されます。 アプリケーションは、一貫した既知のプロセスタイミングで動作できます。

ロイヤリティフリー

ランタイムのロイヤリティ料金の支払いやその他の不明瞭な料金請求はありません。 RTXベースの製品を追加料金や継続コストなしに出荷できます。

機能安全

検証済みのKeil RTXバージョンを機能安全アプリケーションに利用できます。

エキスパートに聞く

Keil RTX5で組み込みシステム開発がどのように促進されるかご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス
その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

Keil MDK

Armベースのマイクロコントローラー・アプリケーションを開発するために、Keil MDKには組み込みアプリケーションの作成、ビルド、デバッグに必要なすべてのコンポーネントと、開発を加速化するソフトウェアパックが含まれています。

ULINKpro

ULINKproでは、MDKとArm Development Studioを使ってデバイス上のアプリケーションをプログラム、デバッグ、分析できます。 プロセッサーがフルスピードで実行されている間にも、プロセッサーの制御、ブレークポイントの設定、メモリの内容の読み書きができます。

ULINKplus

ULINKplusは、アイソレーションされているデバッグ接続、電力測定、テスト自動化I/Oを1つにまとめます。 それにより、組み込みアプリケーションの機能、タイミング、消費電力を可視化します。

ULINK2

Keil MDKとシームレスに統合できるULINK2デバッグユニットは、PCのUSBポートとターゲットシステムを接続することで、ターゲットハードウェア上のアプリケーションをプログラムおよびデバッグできます。