機能安全コンプライアンス

Armソフトウェア・テスト・ライブラリ(STL)は、ISO26262 ASIL Dにシステムが適合できるようサポートするArmの機能安全の技術を補完することができます。STLは、Armベースのプロセッサー上で起動時およびランタイム時に実行してエラーの有無をテストする効率的なアセンブリ言語ルーチンです。 わかりやすい1つのC言語アプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)により、開発者はすばやく簡単に、複数のCPUシステムにテスト機能を展開できます。

特長とメリット

安全認証

広範な機能安全評価プロセスを通過した安全性テストライブラリは、市場投入までの時間の短縮や、ユーザーのシステムが業界の安全規格に確実に適合するための支援につながっています。

ブート時診断

リアルタイムに診断する必要がない場合、システムがオンラインになるときにブート診断(データを破壊する可能性があります)を実行することで、稼動システムの潜在的障害を回避します。

ランタイム時の非破壊性

ランタイム時診断は通常のシステム動作中に実行するので、データを破壊することがあってはならず、ワーストケース実行時間と呼ばれる明確に決められた時間内に特定の機能を完了する必要があります。

エキスパートに聞く

Armベースデバイスのソフトウェア・テスト・ライブラリや機能安全について不明な点があれば、Armエキスパートにお問い合わせください。

お問い合わせ
関連製品・サービス

その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

Keil MDK

Armベースのマイクロコントローラー・アプリケーションを開発するために、Keil MDKには組み込みアプリケーションの作成、ビルド、デバッグに必要なすべてのコンポーネントと、開発を加速化するソフトウェアパックが含まれています。

Armコンパイラ・セーフティパッケージ

Arm Compiler 5とArm Compiler 6用に用意されているArmコンパイラ・セーフティパッケージには、セーフティマニュアル、開発プロセスドキュメント、テスト/検出レポート、TÜV SÜDによる認定と評価レポート、長期のテクニカルサポート契約オプションが含まれます。

ソフトウェア・テスト・ライブラリ

Armのソフトウェア・テスト・ライブラリは、ISO 26262およびIEC 61509システムの機能安全要件に対処するための広範な診断機能を提供します。

ソフトウェア・テスト・ライブラリの関連情報

プロジェクトでの適切な判断に必要なさまざまな情報を得られます。 テクニカルドキュメント、業界動向、エキスパートによるアドバイスの問い合わせ先が含まれています。

 

ブログ

ホワイトペーパー

ツール

Visit Arm Developer