既製デバイスを利用した開発

ソフトウェア開発ツールスイートであるArm Development Studioは、既製の何千ものデバイスをサポートしており、プロジェクトの実行がCortex-A/M/Rプロセッサーのいずれか1つまたは複数の組み合わせのどちらで行われているかに関わらず、すばやく立ち上げ、実行することができます。 Development Studioには2つの統合環境(IDE)が含まれ、ワークフローをカスタマイズすることができます。 Cortex-Mマイクロコントローラー・プロジェクト専用のKeil MDKを搭載しているため、選んだプロセッサーに優れた柔軟性や拡張性が必要な場合は、強力なDevelopment Studio IDEが最適です。

Cortex-M MCUプロジェクトを加速化

Cortex-Mのみのマイクロコントローラー・プロジェクトの開発を加速化する場合、Keil MDKを搭載したArm Development Studioがタスクに最適な選択です。 一般的なWindows®ベースのµVision® IDEをベースとし、5,000を超えるArmベースデバイスをサポートしているKeil MDKを使うことで、迅速な起動や実行が可能です。

  • 再利用可能なソフトウェア・コンポーネントによりアプリケーションを拡張できるソフトウェアパック
  • ロイヤリティフリーのリアルタイムOS(RTOS)の統合
  • ソフトウェア・コンポーネントのランタイム時の動作を表示できるイベントレコーダーとコンポーネントビューア
  • CMSISベースの標準化されたソフトウェア・インタフェースにより、コードの移植と再利用が効率的になります。

マルチコアプロジェクトの簡素化

複雑なアプリケーション・プロセッサーの開発には、プロジェクトの進展に伴い拡張できるツールスイートが必要です。 Development Studioはさらに、マルチコアプロジェクトのコーディング、ビルド、テストにつきものの複雑さを解消します。

  • ヘテロジニアスなプロジェクト、マルチコアのCortex-Aおよび64ビットArmv8 SoCの開発に最適です。
  • Cortex-Mベアメタル、Linuxカーネル、Cortex-A上で実行されるLinuxアプリケーションのヘテロジニアスデバッグをサポートしています。
  • LinuxとAndroidをサポート
  • 開発者は、Cortex-A/M/RでDSTREAMデバッグプローブとCoreSight機能を使用し、潜在的な問題を早期かつ正確に見つけることができます。

2つのIDEに共通の機能

ビルド

Armコンパイラ

Arm C/C++コンパイラは、ArmのベアメタルやリアルタイムOSのアプリケーション用のパフォーマンス、コード密度、アーキテクチャの精度、安全性において最先端を進んでいます。 コンパイラテクノロジーに25年以上投資してきた経験に基づき、またArmアーキテクチャと平行して開発されたArmコンパイラは、Armプロセッサー用に最も効率的なコードをビルドします。

モデル

仮想プロトタイプと接続

Development Studioは、Fixed Virtual Platformと呼ばれる高速で機能精度の高いモデルとともに出荷されるため、ハードウェアがなくてもソフトウェアを開発できます。 こうしたモデルには、最新のArmプロセッサー、メモリ、ペリフェラルが含まれ、ソフトウェア開発を早期に開始しやすくなっています。

Arm Development Studioの試用版(無料)

Development StudioがMCU開発をどのように加速化するかご覧ください。

今すぐご評価ください
関連製品・サービス

その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

ULINKpro

ULINKproでは、MDKとArm Development Studioを使ってデバイス上のアプリケーションをプログラム、デバッグ、分析できます。 プロセッサーがフルスピードで実行されている間にも、プロセッサーの制御、ブレークポイントの設定、メモリの内容の読み書きができます。

Fast Models

Fast Modelsは、正確で柔軟性のあるArm IPのプログラマービューモデルです。シリコン入手前にドライバー、ファームウェア、OS、アプリケーションなどのソフトウェア開発が可能です。

Keil MDK

Armベースのマイクロコントローラー・アプリケーションを開発するために、Keil MDKには組み込みアプリケーションの作成、ビルド、デバッグに必要なすべてのコンポーネントと、開発を加速化するソフトウェアパックが含まれています。