セキュリティを強化しながら開発期間を短縮

Musca-B1テストチップボードは、Cortex-M向けにPSA対応IoTサブシステムを開発するための評価プラットフォームで、Armv8-Mアーキテクチャをベースにしています。 Platform Security Architecture (PSA)の原則に基づいており、CryptoIsland、eFlashなどの付加的なセキュリティ機能を導入します。

特長とメリット
確かな基盤

Arm Musca-B1テストチップは、Cortex-M33プロセッサー、Corstone-200 Foundation IP、CoreSight SoC-400Mデバッグ、GFC-100フラッシュコントローラー、CryptoCell-312、CryptoIsland-300など、使用可能な複数のArm IPコンポーネントから構築されています。

セキュアソフトウェア開発

Musca-B1はセキュアソフトウェアのプロトタイピングにも使用できます。 ArmおよびパートナーではPSA Trusted Firmware-Mの開発と貢献のために使用しており、同じアーキテクチャ上で構築された任意のデバイスに簡単に移植できます。

PSA対応

テストチップのアーキテクチャでは、Platform Security Architecture (PSA)の推奨事項を統合しており、社内ArmソフトウェアチームおよびArmパートナーによる試用およびテストを経ています。

Armv8-Mのヒント

Musca-AおよびMusca-B1テストチップの心臓部であるサブシステム・アーキテクチャは、Armv8-Mプロセッサーを取り巻くすべてのエコシステムで使用されており、Arm TrustZoneによる分離をプロセッサーの外部、システム全体にまで拡張します。主要IoTデバイスのコア・プロセッシング・エレメントの構成に使用できる、SSE-200サブシステムによって提供されています。

必要に応じた高性能

高速プロセッサーを常時アクティブにしておくことは非効率です。
Musca-B1テストチップの心臓部にあるサブシステムでは、必要に応じて高性能を発揮し、必要としないときは電力を消費しないことを保証するために2個の非同期コアを使用しています。

リファレンス設計
Musca-B1では、さまざまなIPプロバイダの提供する、Arm IPを補完してソリューションの包括性を高める要素も特徴としています。これらのプロバイダは、自社のIPをArmのIPと組み合わせるためにArmと提携しており、今後同様のIPを統合するときに設計チームにとってメリットとなります。以下の要素がMusca-B1に組み込まれました。
  • Dolphin IntegrationのPMU
  • TSMCの組み込みフラッシュ
  • Cadenceのさまざまなインタフェース・ペリフェラル
  • Silicon Creationsの低消費電力PLL
  • 適用例
    全ライフサイクルの開発
    エキスパートに聞く

    Musca-B1でSoC開発が促進される理由を確認してください。

    お問い合わせ
    関連製品・サービス
    その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

    Beetle IoT評価プラットフォーム

    Arm Cortex-M3プロセッサーをベースとし、Mbed OSとさまざまなペリフェラルとインタフェースを装備して、IoTエンドポイント向けにSoC設計の複雑さとリスクを軽減する完全なリファレンスシステムです。

    Arm MPS2+ FPGA プロトタイピングボード

    Cortex-Mプロセッサーのプロトタイピングにかかる期間を短縮でき、設計例や堅牢なソフトウェアのサポートのほか、広範なデバッグオプションと便利なペリフェラルが付属している手頃な価格のFPGA開発ボードです。

    Arm MPS3 FPGA プロトタイプボード

    複雑なプロトタイプ組み込み設計(小型のCortex-Aプロセッサーにおいても)のために、MPS3 FPGAプロトタイプボードには、MPS2+の5倍のFPGA容量、大容量メモリ、SO-DIMMコネクタが搭載されています。

    Arm Development Studio

    Armベースのあらゆるシステムに対応したエンド・トゥ・エンドのソフトウェア開発環境で、Armコンパイラ、デバッガー、IDE、パフォーマンス分析ツール、モデル、ミドルウェアが含まれます。