Arm Flexible Accessの拡充の一環として、新たに「DesignStart Tier」の提供を開始

June 15, 2021

 

英Arm(本社:英国ケンブリッジ、以下Arm)の日本法人であるアーム株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:内海 弦)は、好評を博している「Arm Flexible Access」プログラムの拡充の一環として、このたび新たに「DesignStart Tier」の提供を開始したことを発表します。より柔軟で自由な半導体設計を可能にする新たな提供モデルとして2019年に発表されたArm Flexible Accessは、すでに世界各国のパートナー企業に採用されており、現在利用中のパートナー数は90社を突破しています。

DesignStart Tierの提供開始により、特定のプロセッサコアに対する設計開始時のライセンス費用を無償化することでArm IPへの迅速なアクセスを実現するサービスとして従来提供していた「DesignStart」プログラムは、Flexible Accessプログラムに統合されました。これにより、新たに対象に加わった「Arm Cortex-M23」を含め、今日何十億ものデバイスで実績のあるArm IPを年会費無料で試作や評価のために利用でき、生産段階に進んだ場合にのみ製造ライセンス料が発生します。Armのエコシステムを通じて必要なリソース、サポート、ツール、設計サービスにすぐにアクセスできることで、コストとリスクを最小限に抑えながら、革新的なカスタムチップを設計することが可能となります。

Arm Flexible AccessのDesignStart Tierで利用可能なArm IPは次の通りです。

  • ArmのLinux対応アプリケーション・プロセッサとして最小の消費電力を誇る「Arm Cortex-A5」
  • コネクテッド組み込みアプリケーション向けに設計された最小サイズのArmプロセッサーである「Arm Cortex-M0」
  • コスト重視で消費電力に制限のある広範なデバイスに対応する、面積、性能、および電力の最適なバランスを備えた「Arm Cortex-M3」
  • TrustZoneセキュリティを備えた最小面積で消費電力の最も低いマイクロコントローラー向けプロセッサー「Arm Cortex-M23」
  • 開発期間の短縮に寄与するレファレンスデザインをパッケージ化したシステムIPである「Arm Corstone-101」、「Arm Corstone-102」、および「Arm Corstone-500 Preconfigured」

さまざまな市場向けに、コネクテッドデバイスやIoT製品のニーズが高まっています。それに伴い、OEMとシリコンベンダーは、迅速な技術革新を低コストで行うとともに、アプリケーション最適化の要件を満たす必要があります。DesignStart Tierを利用することで、企業は予算や設計の専門技術の有無にかかわらず、高品質のカスタム設計を行うことが可能となります。

DesignStart Tierを含むArm Flexible Accessプログラムの詳細については、リンク先をご参照ください。

Armについて

Armのテクノロジーは、コンピューティングとデータによる革命の中心として、人々の暮らしや企業経営のあり方に変革を及ぼしています。そのエネルギー効率に優れたプロセッサー設計とソフトウェアプラットフォームは、2,300億個以上のチップを通じて高度なコンピューティングを実現し、センサーからスマートフォン、スーパーコンピュータまで、あらゆる製品をセキュアにサポートしています。Armは1,000社以上のパートナーとともに、チップからクラウドまで、AI駆動のコネクテッド社会の中核となるコンピューティングのあらゆる分野において、設計、セキュリティ、管理を支えるテクノロジーの最先端を担っています。

全ての情報は現状のまま提供されており、内容について表明および保証を行うものではありません。本資料は、内容を改変せず、出典を明記した上で自由に共有いただけます。ArmはArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。©1995-2022 Arm Group.