IoTの急成長を支えるArmベースのマイクロコントローラ

IoTシステム全体における分断や多様性の課題に対処し、持続可能なサービスを大規模に提供するため、Armとそのパートナーは、エンドポイントからクラウドまでまたがるIoTシステムの開発と展開を急加速させる取り組みをともに推進しています。

Project Centauriは、Armの既存のソフトウェアイニシアティブを、単一のマイクロコントローラ(MCU)ソフトウェア戦略の下に統合したものです。これは、セキュアなArm Cortex-Aベースのエッジエコシステムのニーズに対応するProject Cassiniと同様の方法で、業界共通の問題を解決し、導入の障壁を低減するとともに、Arm Cortex-Mエコシステム全体を拡大できるように設計されています。

Project Centauriについて

Project Centauriは、仮想および物理的なMCUハードウェア間におけるIoTアプリケーションの移植性を担保するために基盤となる標準を定義します。異なるクラウドサービスプロバイダー(CSP)スタックからのセキュアなファームウェアアップデートを使用して、この機能を実証します。シリコンパートナーがSDKとして提供でき、CSPが各社のIoT端末で使用できるとともに、ODMおよびOEMが活用できるように、Armはオープンな形でエコシステムと連携しています。

 

Arm Project Centauri Wheel

エキスパートに相談する

Project Centauriに参加し、将来に向けてIoTの開発と展開を加速していきましょう。

お問い合わせ

Armのツールとソフトウェアでスタート

開発者がより迅速に、確信を持ってイノベーションに取り組むことを支援する、Armのツールとソフトウェアについてご参照ください。

Arm Virtual Hardware Labシリーズ

Virtual Labシリーズでは、Arm Virtual Hardwareの使い方や、製品設計を最大二年加速する方法をご紹介しています。

詳細

Project Centauriの関連情報

Arm Total Solutions for IoTのガイド

このガイドでは、Arm Total Solutions for IoTが、あらゆるハードウェア技術者、ソフトウェア開発者、サービスプロバイダーにどのように力を与えているかについて知ることができます。

ArmがIoTの経済性を変革

IoT製品の開発を大幅に加速し、製品ROIを向上させるフルスタックソリューションを発表しました。

IoTを推し進めるクラウドベースの組み込み開発

Keil Studioのようなクラウドベースの組み込み開発ツールは、製品評価からモデルやシミュレーションベースのバリデーションまで、組み込みアプリケーションのワークフローを改善することができます。