ArmベースのマイクロコントローラーがIoTの指数関数的な成長を促進

IoTシステム全体における分断や多様性の課題に対処し、持続可能なサービスを大規模に提供するため、Armとそのパートナーは、エンドポイントからクラウドまでまたがるIoTシステムの開発と展開を急加速させる取り組みをともに推進しています。2019年、Armとパートナーは、セキュアなエッジエコシステムにおけるアプリケーションプロセッサー搭載デバイスへのニーズに対応するため、Project Cassiniを始動させました。Project Centauriは、ArmベースのマイクロコントローラーによるIoTの指数関数的な成長を促進するための業界全般にわたる最新の戦略です。

Project Centauriの詳細

Project Centauriは、Arm Cortex-Mソフトウェアのリッチなポートフォリオを活用し、単一のMCUソフトウェア戦略の下で補完的な取り組みをまとめています。これらの取り組みにより、Arm Total Solutions for IoTの基盤を築き、Open-CMSIS-Packのような標準規格、PSA CertifiedとTrusted Firmware-Mによるセキュアなデバイス管理、ユースケースに特化したIoTソリューションのためのエコシステムサポートを、バリューチェーン全体に提供しています。シリコンパートナー、ODM、OEM、ソフトウェア/OSベンダー、システムインテグレーター、ハイパースケーラーのすべてが、大規模に展開・更新可能で、セキュアで互換性のある基本ソフトウェアコンポーネントから恩恵を受けることができます。

 

Project Centauriのコンポーネントについては以下をご覧ください。

 

Project Centauri Diagram

エキスパートに相談する

ともにIoTの開発と展開を加速し、将来もそれらを有効に使い続けられるよう設計するために、以下よりお問い合わせの上、Project Centauriにご参加ください。

お問い合わせ

Armのツールとソフトウェアでスタート

開発者がより迅速に、確信を持ってイノベーションに取り組むことを支援する、Armのツールとソフトウェアについてご参照ください。

Arm Virtual Hardware

Arm Virtual Hardware

Arm Virtual Hardwareは、アプリケーション開発者がハードウェアなしでもソフトウェアを開発・テストできるようにするための、ArmベースSoCの正確なモデルを提供します。クラウド上でのシンプルなアプリケーションとして動作し、CI/CD(DevOps)およびMLOpsワークフローなどの最新のソフトウェア開発プラクティスを使用します。

Total Solutions SDK

Total Solutions SDK

Arm Total Solutions for IoTにより、ソフトウェアとハードウェアがシンプルで分かりやすい、ユースケースに特化したソリューションとして扱えるようになります。ArmのGitHubでTotal Solutions Software Development Kits(SDK)にアクセスし、これらのSDKやご自身で開発したソフトウェアを、リリースされた最初のベータ版Arm Virtual Hardware上で実行できます。

Keil MDK

Keil Studio Cloud

現在オープンベータ版として利用可能なKeil Studio Cloudは、IoT、ML、組み込み開発向けのブラウザーベースのIDEです。インストール不要のツール、すぐに実行可能な例、Git統合、ウェブデバッギングなどによって、次なるプロジェクトを加速させ、数分以内にコードをデバイス上で実行させます。

Project Centauriの関連情報

IoTのためのArmトータルソリューションのスターターガイド

このインタラクティブなガイドでは、IoTのためのArmトータルソリューションが、あらゆるハードウェア技術者、ソフトウェア開発者、サービスプロバイダーにどのように力を与えているかについて知ることができます。

ArmがIoTの経済性を変革

IoT製品の開発を大幅に加速し、製品ROIを向上させるフルスタックソリューションを発表しました。

IoTを推し進めるクラウドベースの組み込み開発

Keil Studioのようなクラウドベースの組み込み開発ツールは、製品評価からモデルやシミュレーションベースのバリデーションまで、組み込みアプリケーションのワークフローを改善することができます。