オンチップセキュリティの拡張

TrustZoneアドレス空間コントローラー・パーティションの外部メモリをセキュア領域とノンセキュア領域に配置します。ArmのCoreLink TZC-400 TrustZoneアドレス空間コントローラーは、ソフトウェア攻撃から外部メモリの複数の領域を保護します。オンチップメモリの場合、内部SRAMとTrustZoneは、シグネチャチェックを実行し、安全な起動を確実にします。

特長とメリット
業界最先端のプロテクション

検索のレイテンシーを緩和するための高速パスとArm AMBA 4 ACE-LiteおよびAXI4が含まれています。

エキスパートに聞く

Armのセキュリティについてもっと知りたいですか?適切なセキュリティ・ソリューションについては、エキスパートに相談してください。

お問い合わせ
関連製品・サービス
その他のオプションと機能について知る

CoreSightデバッグとトレース

Arm CoreSightテクノロジーは、ArmベースのSoC上で動作するソフトウェアをデバッグとトレースを行うために使用できる一連のツールです。

メモリコントローラー

Armのダイナミック・メモリ・コントローラーは、最大のDRAM帯域幅を提供しながら、複数のプロセッシングエレメントの異なる要求を管理するのに役立ちます。

システムメモリ管理ユニット

システムメモリ管理ユニット(SMMU)は、キャッシュやメモリ仮想化など、あらゆるメモリ管理を行います。 

割り込みコントローラー

Armの汎用割り込みコントローラー(GIC)は、割り込み管理、優先順位付けとルーティングの重要なタスクを実行します。

AMBA仕様

Arm AMBA仕様は、オンチップ通信の標準です。 

TZC 400関連情報

プロジェクトでの適切な判断に必要なさまざまな情報を得られます。テクニカルドキュメント、業界動向、エキスパートによるアドバイスの問い合わせ先が含まれています。