32ビット向け最小プロセッサー

Arm Cortex-Aプロセッサシリーズは、豊富なOSプラットフォームを搭載し、複数のソフトウェアアプリケーションをサポートするなど、複雑な演算処理を行う機器向けに設計されています。Cortex-A32は、電力効率が極めて高く、最も消費電力が低いプロセッサーで、多様な組み込み市場やIoT市場に適しています。

特長とメリット

高度な電力管理

Cortex-A32で導入されたアイドル電力管理機能は、CPUアイドル状態でのリーク電力を削減するため、非アクティブ状態が長期にわたるケースに適しています。非常に効率的なこのArmプロセッサーは、CPUアクティブ状態でダイナミック電力の消費を抑えることができます。

拡張可能で万能

このプロセッサーは、1つのクラスターでシングルコアから最大4 CPUコアまでのさまざまな構成で使用できるため、設計者は柔軟なオプションを利用でき、多様な組み込みアプリケーションにはスケーラビリティがもたらされます。

新しいアーキテクチャの機能

Cortex-A32のArmv8-Aアーキテクチャは、既存のArmv7-A 32ビットソフトウェアと互換性があり、メディアおよびビデオアプリケーションのフローティング性能を強化します。また、ソフトウェア暗号化を大幅に高速化し、セキュリティを強化しています。

適用例

イノベーションとアイデアが現実になる場所

エナジーハーベスティングのワイヤレスセンサーノードは、バッテリやケーブルが利用できない場所で環境エネルギーを電源として使用します。また、これらのノードでリッチOSをサポートする必要がある場合、Cortex-A32は、優れたエネルギー効率とビルトインのTrustZoneセキュリティを組み合わせて、必要な処理能力を提供します。

エキスパートに相談する

Cortex-A32の高性能機能について詳しくご案内いたします。

お問い合わせ

Arm Flexible Accessで利用可能に

製品、その他の便利なArm IPへの無制限利用については、Arm Flexible Accessをご覧ください。

世界をリードするSoCデザイン・ポートフォリオで、あなたのプロジェクトをスタートさせましょう。

詳細
関連製品・サービス

より多くのオプションと機能を探す

Mali-470

Mali-470は、ウェアラブルおよびIoTデバイスの電力が重視される要件のために特別に設計された初のGPUです。1から4のコア実装にわたって優れたエネルギー効率を実現し、実装と運用の両方のコストを削減します。

CoreLink GIC-400 

GIC-400はArmv7プロセッサーと連動して、割り込み管理、優先順位付け、およびルーティングの重要なタスクを実行します。

CoreLink NIC-450 

CoreLink NIC-450ネットワーク・インターコネクトは、高度な構成が可能なマルチパワーのドメインツールです。拡張および構成が可能なネットワーク・インターコネクトを構築できる、重要なインターコネクトIPのバンドルです。

アーキテクチャとテクノロジー

成功の基盤

Armベースのチップ、デバイスアーキテクチャ、テクノロジーは、スマートフォンから農業用センサーや医療機器、サーバーまで、現代の生活に欠かせないすべてのデバイスに最適なパフォーマンスを提供します。

Cortex-A32の関連情報

プロジェクトに関する適切な判断に必要なさまざまな情報を得られます。テクニカルドキュメント、業界動向、エキスパートによるアドバイスの問い合わせ先が記載されています。

 

ツール

Arm開発者サイトに移動する