Arm、2022年度第1四半期に過去最高の売上高と出荷数を記録

August 09, 2022

 

英Arm(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:神奈川県横浜市、以下Arm)はこのたび、2022会計年度第1四半期の業績を公開しました。主なハイライトは以下の通りです。

  • 1四半期の総売上高は過去最高となる71900万米ドル、前年同期比6%増を記録
  • 同四半期のロイヤルティ収入は過去最高となる45300万米ドル、前年同期比22%増を達成
    • 四半期のロイヤルティ収入が今回初めて4億米ドルを突破
    • オートモーティブやインフラストラクチャなど、モバイル以外の市場に多角化するArmの戦略が奏功し、すべての新規ターゲット市場で力強い成長を記録
  • 1四半期の出荷個数が過去最高を記録 - Armのパートナーは、74億個に上るArmベースのチップを出荷し、前年同期比7%増を記録
    • Armベースのチップの出荷数が70億個を上回る四半期を累計4回達成
  • 調整後EBITDA41400万米ドルで、前年同期比31%増。マージン58%

「Armは、変革に向けた戦略を通じて演算性能と効率性のリーダーシップを発揮し、Armエコシステムの成功を実現し続けています。私たちはともに、コンピューティングに対する飽くなき要求に応え、次の大きな技術革命の推進力となるArmベースのコンピューティングの未来を定義しています」

- 最高経営責任者(CEO) レネ・ハース(Rene Haas)

 

2022年度第一四半期売上

 

Armについて

Armのテクノロジーは、コンピューティングとデータによる革命の中心として、人々の暮らしや企業経営のあり方に変革を及ぼしています。そのエネルギー効率に優れたプロセッサー設計とソフトウェアプラットフォームは、2,300億個以上のチップを通じて高度なコンピューティングを実現し、センサーからスマートフォン、スーパーコンピュータまで、あらゆる製品をセキュアにサポートしています。Armは1,000社以上のパートナーとともに、チップからクラウドまで、AI駆動のコネクテッド社会の中核となるコンピューティングのあらゆる分野において、設計、セキュリティ、管理を支えるテクノロジーの最先端を担っています。

全ての情報は現状のまま提供されており、内容について表明および保証を行うものではありません。本資料は、内容を改変せず、出典を明記した上で自由に共有いただけます。ArmはArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。©1995-2022 Arm Group.