SoCおよびCPUシステム全体にわたるセキュリティへの取り組み

Arm TrustZoneテクノロジーは、価値の高いコードとデータを保護するために何十億ものアプリケーションのプロセッサーで使用されています。 機密性とシステムの整合性を確保し、ほとんどすべての資産を攻撃から保護する、分離されたセキュアワールドを作成することで、信頼できるソフトウェアのためのシステム全体のハードウェア分離を提供します。

 

TrustZoneのアプローチの中心にあるのは、ハードウェアで分離されたセキュアワールドとノンセキュアワールドの概念です。ノンセキュアソフトウェアはセキュアなリソースには直接アクセスできません。 プロセッサー内では、ソフトウェアはセキュアワールドまたはノンセキュアワールドのどちらかに存在します。これら2つのワールドの切り替えは、セキュアモニターと呼ばれるソフトウェアを介して行われます。

 

セキュア(トラステッド)およびノンセキュア(ノントラステッド)ワールドの概念は、プロセッサーを超えて、SoC内のメモリ、ソフトウェア、バストランザクション、割り込み、および周辺機器を網羅します。

エキスパートに聞く

セキュリティへの最善のアプローチについてもっと知りたいですか? エキスパートが詳細にご説明します。

 

詳細

TrustZone関連情報

プロジェクトでの適切な判断に必要なさまざまな情報を得られます。 テクニカルドキュメント、業界動向、エキスパートによるアドバイスの問い合わせ先が含まれています。

 

ホワイトペーパー:

ウェビナー:

コミュニティ:

TEEとセキュアモニターコードの開発

Armは、GlobalPlatformのメンバーであるトラステッドOSサプライヤーから提供されている商用TEEソリューションを調査することをお勧めします。

詳細を確認する