モバイル機器向けの複雑なグラフィックス処理処理

ArmのMaliテクノロジーは、かつてないほどに増しているグラフィックスの複雑性を、モバイルデバイスの電力容量と熱限界内で対応できるように開発されています。 すべてのフォーマットは、システム全体の帯域幅を大幅に削減し、エンドユーザーがあらゆるデバイスで最新のグラフィックス品質を体験できるようにします。

グラフィックス・テクノロジー
ASTC
Adaptive Scalable Texture Compression

ArmとAMDが開発したASTCテクノロジーは、OpenGL®とOpenGL®ESの両方のグラフィックスAPIの公式拡張機能として採用されました。 ASTC仕様には、LDRとFullという、2つのプロファイルがあります。 どちらも第2世代のMali-T600シリーズ、Mali-T700シリーズとMali-T800シリーズに対応しています。

詳細
AFBC
Arm Frame Buffer Compression

AFBCは、ロスレス画像圧縮プロトコルで、複雑さが増しているモバイル機器の熱限界内でのデザインを作成することの難しさに対処したフォーマットです。

詳細
TE
Transaction Elimination

Transaction Elimination (TE)は、Arm Mali MidgardおよびBiFrost GPUアーキテクチャの重要な帯域幅節約機能であり、SoC (System-on-Chip)レベルで大幅なエネルギー節約を可能にします。

詳細
SC
Smart Composition

Smart Compositionは、フレーム合成中にテクスチャを読み込む際の帯域幅を削減します。

詳細
すべてを表示する
エキスパートに聞く

複雑なソフトウェアシステムにより、さまざまなモジュールのインターワークと基盤となるハードウェアの機能を理解することが重要です。Armベースのプロセッサーに関する質問がある場合、Armのエキスパートに質問してください。

詳細