1.Arm Flexible Accessとは何ですか?

Arm Flexible Access Arm Flexible Accessは、幅広い Arm IP、サポート、ツール、およびトレーニングへの事前の無料または低コスト アクセスを提供します。ポートフォリオのどれを試験や設計に利用しても、ライセンス料金は製造時点まで発生せず、なおかつ最終的なSoC設計に含まれるIPに対してのみ請求されます。

フレキシブル アクセスには、Standard、Entry、 DesignStartプログラムの 3 つのレベルがあります。





2.誰がArm Flexible Accessを利用できますか?

シリコンの設計または実装を行うすべての企業が、Flexible Access を使用できます。パートナーの例には、ファブレス半導体企業、シリコン スタートアップ、IP プロバイダー、テープアウト サービス プロバイダー、デザイン ハウス、および社内シリコン チームを持つ OEM が含まれます。




3.Arm Flexible Access for Startupsの対象となるのはどのようなスタートアップ企業ですか?

Arm Flexible Access for Startups は、シリコン製品を開発中で資金が 2,000 万ドル未満の初期段階のスタートアップを支援します。2,000 万ドルを超える資金を持つスタートアップ企業は、引き続きフレキシブル アクセスの恩恵を受けることができます。詳細については、こちらからお申し込みください。




4.Arm Flexible Accessを使用して設計する理由

 

Arm Flexible Accessは、業界をリードする幅広いArm IP製品をダウンロードして設計するための無制限のアクセスをパートナーに提供します。レベルに応じて、Flexible Access には Arm サポートへのフル アクセス、開発および設計ツール、モデル、トレーニングも含まれます。パートナーは、さまざまな IP オプションを評価し、複数の SoC プロジェクトを設計できます。含まれる IP のライセンス料 (ある場合) は製造時にのみ支払う必要があります。これにより、投資をプロジェクトのライフサイクルにより近づけることができます。




5.どのようなIPを利用できますか?

Standard および Entry 層では、80 を超える CPU、GPU、およびシステムIP 製品へのアクセスが提供されます。DesignStart Tierは、プロセッサとシステムIPの選択された組み合わせへのアクセスを提供します。

すべての層には、設計実装のための複数のファウンドリとプロセス ノードをサポートする何千もの Arm ArtisanフィジカルIP 製品へのアクセスが含まれています。すべての層には、検証済みのサブシステムとサポートするシステムIPを組み合わせてシリコン設計を簡素化し、開発リスクを軽減する Corstone リファレンス パッケージも含まれています。

Arm Flexible Access データ シート をダウンロードして、各層で提供される IP、ツール、モデルの完全なリストを入手してください。





6.Arm Flexible Access for Startupsプログラムでは、どのようなIPとツールを利用できますか?

フレキシブル アクセスのエントリー層のすべて。Arm Flexible Accessのデータシートで、対象IP、ツール、モデルの全リストをご覧ください。




7.Arm Flexible Accessにかかるコストとその計算方法は?

フレキシブル アクセスの標準およびエントリ レベルには、年間アクセス料金がかかります。DesignStart Tierには年間アクセス料金はありません。

詳細はArm Flexible Accessのデータシートをご覧ください。

設計を製造する準備ができた時点で、設計に使用したIPに対してライセンス料金が発生します。ロイヤリティは出荷したユニットに対して簡素化されたモデルに基づいて計算されます。DesignStart Tier に含まれるすべてのArm ArtisanフィジカルIP製品は無料です。ライセンス料やロイヤリティはありません。





8.現時点では、Arm CPU IP にアクセスする必要はありませんが、Arm ArtisanフィジカルIP が必要です。アクセスに料金を支払う必要がありますか?

いいえ、料金を支払う必要はありません。DesignStart Tier は、ArtisanフィジカルIPのフロントエンド ビューとバックエンド ビューの両方に無料でアクセスし、設計および製造する権利を提供します。さらに、DesignStart Tierでは、評価用のフロントエンド ビューにすばやくアクセスできます。

 




9.Arm Flexible Accessは既存の IP 資格にどのように影響しますか?

Arm Flexible Access は、既存の IP 資格を変更しません。単一の設計で、Arm Flexible Access と一緒に既存の IP 資格を使用できます。具体的な詳細については、Arm パートナー マネージャーにお問い合わせください。

 



10.Arm Flexible AccessのIP、ツール、サポートにはどのようにアクセスしますか?


Armフレキシブルアクセスにサインアップすると、Armダウンロードポータルである Product Download Hub(PDH)にアクセスできるようになります。PDH は、アクセスできるすべての製品、アクセスを要求できる製品を表示し、ダウンロードを可能にします。




11.設計をテープアウトする準備ができたら、どのようにライセンス料金を支払いますか?

簡単なフォームに記入し、生産準備のできたプロジェクトを登録した後、Armのアカウントマネージャーにご提出ください。




12.Arm は新しい IP をフレキシブル アクセスに追加しますか?

はい。パッケージは四半期ごとに見直されます。

エキスパートに聞く

その他のご質問がございましたら、Armの担当者までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ