Arm、ポール・E・ジェイコブスとローズマリー・スクーラーの取締役会メンバー就任を発表

December 01, 2022

 

2022年11月30日、英国ケンブリッジ発 ―― 英Arm(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:神奈川県横浜市、以下Arm)は本日、新たな取締役会メンバーとして、XCOM Labsの会長兼CEOでありQualcomm Inc.の元CEO兼執行会長のポール・E・ジェイコブス(Dr. Paul E. Jacobs)と、Intelのデータセンター/AIセールス担当コーポレート・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを務めたローズマリー・スクーラー(Rosemary Schooler)の就任を発表しました。Armが株式公開の準備を進める中、両名は技術開発、ビジネス戦略、コーポレート・ガバナンスなど、上場企業での豊富な経験を活かして当社に貢献します。

Armの最高経営責任者(CEO)であるレネ・ハース(Rene Haas)は、次のように述べています。「ポールとローズマリーの比類なき洞察力と豊富な経験は、Arm取締役会の拡大と多様化に寄与するだけでなく、これまでの取り組みの中で重要な転換点を迎えつつあるArmに対して極めて大きな価値をもたらしてくれます」

ハースはさらに次のように述べています。「ポールはこれまで、Qualcommの驚異的な成長フェーズにおいて最先端の技術を開発し、同社を指揮してきた素晴らしい実績があります。またローズマリーは、リーダーとしての卓越した能力を実証しており、これまでの長いキャリアを通じて、Intelの幅広いビジネスを対象に戦略的な優先事項を確立・遂行し、イノベーションを推進しつつ顧客関係を構築してきました。半導体エコシステムのリーダーとしてのArmのポジションを強化し、株式公開の準備を進める中、ポールとローズマリーとともに働けることを楽しみにしています」

ポール・Eジェイコブスは、次のように述べています。「スマートフォンとワイヤレス・インターネットの草創期から、私はArmと協業してきました。コンピューティングがかつてない規模で普及する中、Armの市場をリードするポジションを活用する新たな機会が生まれています。Arm取締役会の一員として、ワールドクラスのチームと協力しながら次のテクノロジー革命を牽引できることを非常に嬉しく思います」

ローズマリー・スクーラーは、次のように述べています。「Armは半導体およびコンピューティング業界のリーダーとなるべき存在です。お客様と協力し、彼らの抱える最も複雑なテクノロジーの課題を解決することは、これまでの私のキャリアの柱となっています。今後はArmの一員として、当社のコネクテッド・コンピューティングの基盤を全世界に拡大できるよう貢献していきます」

ポール・E・ジェイコブス略歴

ポール・E・ジェイコブス(Ph.D.)は、高性能ワイヤレス・テクノロジーおよびアプリケーション開発のために2018年に設立されたXCOM Labsの会長兼CEOです。XCOM以前は、Qualcomm Inc.のCEO兼エグゼクティブ・チェアマンとして、モバイルの根幹技術の開発・商業化の取り組みを指揮し、ワイヤレス・インターネットとスマートフォン革命を牽引しました。CEOとしての在職期間中、Qualcommの売上高は4倍、時価総額は2倍に増加しました。ワイヤレス・テクノロジーおよびデバイスの分野で取得済み・申請中の米国特許が80件を超え、発明家としても精力的に活動しています。

ジェイコブス博士は現在、Dropbox, Inc.およびFIRSTの取締役も務めています。また、カリフォルニア大学バークレー校にて、電気工学とコンピューターサイエンスの理学子号、電気工学の理学修士号、電気工学とコンピューターサイエンスの博士号(Ph.D.)を取得。バークレー校では「Jacobs Institute for Design Innovation」を設立しました。また、米国工学アカデミー会員とアメリカ芸術科学アカデミーのフェローにも名を連ねています。

ローズマリー・スクーラー略歴

ローズマリー・スクーラーは、グローバルなテクノロジー業界で30年以上の経験を有する実績あるリーダーです。直近ではIntel Corporationのデータセンター/AIセールス担当コーポレート・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを務めました。Intelでの33年間のキャリアでは、同社のIoTビジネスのセールスおよび企業戦略を管理・統括しました。このほか、PnL、アーキテクチャ、製品開発、顧客の成功支援など、組み込み/IoT、ネットワーキング、ストレージに関するIntelの多数のスタートアップ事業において、バイスプレジデントとジェネラルマネージャーの役職を歴任しました。ネットワーク分野では、ネットワーク機能仮想化(NFV)とデータプレーン開発キット(DPDK)などの各種テクノロジーをはじめ、業界を変革するイニシアティブを主導しました。

スクーラーはまた、ATISやTIAなどの業界団体や、全米女性情報技術センター(NCWIT)などの非営利団体を支援してきました。以前はClouderaの社外取締役を務めたほか、現在はZurn Water Solutionsの取締役を務めています。ペンシルバニア州立大学でセラミック科学・工学の理学士号を取得。

Armについて

Armのテクノロジーは、コンピューティングとデータによる革命の中心として、人々の暮らしや企業経営のあり方に変革を及ぼしています。そのエネルギー効率に優れたプロセッサー設計とソフトウェアプラットフォームは、2,400億個以上のチップを通じて高度なコンピューティングを実現し、センサーからスマートフォン、スーパーコンピュータまで、あらゆる製品をセキュアにサポートしています。Armは1,000社以上のパートナーとともに、チップからクラウドまで、AI駆動のコネクテッド社会の中核となるコンピューティングのあらゆる分野において、設計、セキュリティ、管理を支えるテクノロジーの最先端を担っています。

全ての情報は現状のまま提供されており、内容について表明および保証を行うものではありません。本資料は、内容を改変せず、出典を明記した上で自由に共有いただけます。ArmはArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。©1995-2023 Arm Group.