Arm、ライセンス契約違反および商標権侵害に関してQualcomm社とNuvia社を提訴

August 31, 2022

 

Armは本日、Qualcomm Inc.とその子会社2社(以下まとめてQualcomm)およびNuvia, Inc.(以下Nuvia)に対して、Armとの特定のライセンス契約違反と商標権侵害を理由にデラウェア州連邦地方裁判所に提訴しました。Armは、Nuviaの特定のデザインを破棄するという契約上の義務の履行、商標権侵害の差止め、および商標権侵害に対する公正な賠償を求めています。

Armはこのたびの訴訟に関して以下の声明を発表しました:

「当社は、自身とそのパートナー、そして我々がともに築いた比類なきエコシステムを保護するために、この請求を申し立てることとしました。当社はパートナーとともに、何十億ドルもの投資を経て、業界をリードする知的財産を作り上げてきました。Qualcommが、当社の同意を得ることがライセンス契約上の標準的な制限であるにも関わらず、その要件を満たすことなくNuviaのライセンスを移管しようとしたため、Nuviaとのライセンスは2022年3月をもって終了しました。その前後も、当社は誠意を持って何度も解決策を模索しました。一方Qualcommは、終了したライセンスの下で開発を継続し、Armのライセンス契約の条項に違反しました。当社は、当社のIPとビジネスを保護するとともに、顧客が真正なArmベース製品に確実にアクセスできるようにするために、クアルコムとNuviaに対してこの請求を行う以外に選択肢はありませんでした」

「当社は、世界で最も重要な半導体IPのイノベーターとしての役割と、数十億ものデバイスがArm上で動作していることに誇りを持っています。これらの技術的成果は、長年の研究と多大なコストの上に成り立っており、評価され尊重されるべきものです。知的財産の会社として、当社およびエコシステムの権利を保護することは責務です。当社は、我々が正当に権利を有するものを守るために精力的に活動し、裁判所の同意も得られることを確信しています」

Armについて

Armのテクノロジーは、コンピューティングとデータによる革命の中心として、人々の暮らしや企業経営のあり方に変革を及ぼしています。そのエネルギー効率に優れたプロセッサー設計とソフトウェアプラットフォームは、2,300億個以上のチップを通じて高度なコンピューティングを実現し、センサーからスマートフォン、スーパーコンピュータまで、あらゆる製品をセキュアにサポートしています。Armは1,000社以上のパートナーとともに、チップからクラウドまで、AI駆動のコネクテッド社会の中核となるコンピューティングのあらゆる分野において、設計、セキュリティ、管理を支えるテクノロジーの最先端を担っています。

全ての情報は現状のまま提供されており、内容について表明および保証を行うものではありません。本資料は、内容を改変せず、出典を明記した上で自由に共有いただけます。ArmはArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。©1995-2022 Arm Group.