Arm、2021年度の売上高・利益ともに過去最高を記録

May 13, 2022

 

  • 2021年度の総売上高は、前期比35%増の27億米ドル。ロイヤルティ収入と非ロイヤルティ収入の両方が力強く成長。
  • 2021年度のライセンス(非ロイヤルティ)収入は前期比61%増の11.3億米ドル。製品ポートフォリオの拡大と、より多くの顧客にArmテクノロジーをライセンスする動機を促しより柔軟に提供できるArm Flexible Accessなどの新しいビジネスモデルが貢献。
  • 2021年度のロイヤルティ収入は、前期比20%増の15.4億米ドルとなり、過去最高を記録。5Gスマートフォンの継続的な力強い成長、自動車に搭載されるADASおよびIVIチップの増加、32ビットマイクロコントローラの価格上昇がけん引。
  • 調整後EBITDAは前期比68%増の10億米ドルとなり、調整後EBITDAマージンは37%に。
  • 2021年度のチップ出荷数は過去最高の292億個を記録、うち第4四半期にはおよそ80億個(78億個)が出荷。
  • パートナー企業によるArmベース・チップの出荷数は2,250億個を超え、Armはコンピューティングにおける世界最大級のフットプリントと、コンピューティングのあらゆる領域における比類のない理解を有しています。

Armの最高経営責任者(CEO)であるレネ・ハース(Rene Haas)は、次のように述べています。「このたびの記録的な業績は、Armテクノロジーに対する需要とArmエコシステムの強さがかつてないほど高まっていることを示しています。私たちのコンピューティングプラットフォームは、クラウドコンピューティングやオートモーティブ、自律型システム、IoT、メタバース、そしてさらに先に続く一連のテクノロジー革命を推進していきます。Armを基盤とした未来を展望するとき、私たちの優先事項は、ビジネス戦略を実現し続けること、ロードマップとエンジニアリング人材へのさらなる投資を通じてパートナーに必要なソリューションを提供すること、そしてエコシステムとともにコンピューティングの未来を再定義することです」

 

Armについて

Armのテクノロジーは、コンピューティングとデータによる革命の中心として、人々の暮らしや企業経営のあり方に変革を及ぼしています。そのエネルギー効率に優れたプロセッサー設計とソフトウェアプラットフォームは、2,400億個以上のチップを通じて高度なコンピューティングを実現し、センサーからスマートフォン、スーパーコンピュータまで、あらゆる製品をセキュアにサポートしています。Armは1,000社以上のパートナーとともに、チップからクラウドまで、AI駆動のコネクテッド社会の中核となるコンピューティングのあらゆる分野において、設計、セキュリティ、管理を支えるテクノロジーの最先端を担っています。

全ての情報は現状のまま提供されており、内容について表明および保証を行うものではありません。本資料は、内容を改変せず、出典を明記した上で自由に共有いただけます。ArmはArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。©1995-2022 Arm Group.