ArmパートナーによるArmベースチップの出荷個数が、累計2,000億個を突破

October 19, 2021


20211019日、「Arm DevSummit 2021」発 ― 英Arm(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:神奈川県横浜市、以下Arm)はこのたび、ArmのシリコンパートナーによるArmベースチップの出荷個数が、累計で2,000億個を突破したことをお知らせします。1990年の創業以来、2,000億個のチップが世に出るまでの30年余りの歴史の中でも、特に近年はパートナー企業によるArmベースチップの出荷が急激な増加を示しています。その結果、現在では毎秒900個以上に相当するArmチップが製造されていることになります。そして、これらのチップは、モバイルやコンシューマ機器をはじめ、組込み/IoT、インフラストラクチャ、自動車など、現代社会で重要な役割を担う分野で幅広く採用されています。

Armの最高経営責任者(CEO)であるサイモン・シガース(Simon Segars)は、次のように述べています。「これまでに出荷された2,000億個のArmベースのチップの半分は、この5年間に出荷されたもので、2020年だけでも2,000億の8分の1にあたる数のチップが生産ラインから送り出されました。このような目覚ましい成長は、私たちのパートナーの意欲と創意工夫、そしてサポートの賜物です。あらゆる市場で高度なコンピューティングに対する飽くなき需要があり、特にAI、5G、IoTという3つの新しいテクノロジーの潮流を背景に、この数字は今後も上昇傾向にあると考えています」

Arm Blurprintブログでは、サイモン・シガースが2,000億個のArmチップが今日のモバイルおよび組込み市場をいかに決定づけたかを振り返り、さらに次の2,000億個が世界にどのような変化をもたらすかを考察しています。詳細はブログ記事をご参照ください。

本日開幕した「Arm DevSummit」では、ソフトウェアエンジニア、ハードウェアエンジニア、開発者の方々を対象に、多彩なテクニカルコンテンツをお届けしています。本年は140を超えるテクニカルセッション、ハンズオンワークショップ、パートナーセッション、ネットワーキングなど新しい数多くのコンテンツを取り揃えています。イベントへの参加やセッションのアーカイブ視聴についてはArm DevSummitのウェブサイトをご参照ください。

Armについて

Armのテクノロジーは、コンピューティングとデータによる革命の中心として、人々の暮らしや企業経営のあり方に変革を及ぼしています。そのエネルギー効率に優れたプロセッサー設計とソフトウェアプラットフォームは、2,250億個以上のチップを通じて高度なコンピューティングを実現し、センサーからスマートフォン、スーパーコンピュータまで、あらゆる製品をセキュアにサポートしています。Armは1,000社以上のパートナーとともに、チップからクラウドまで、AI駆動のコネクテッド社会の中核となるコンピューティングのあらゆる分野において、設計、セキュリティ、管理を支えるテクノロジーの最先端を担っています。

全ての情報は現状のまま提供されており、内容について表明および保証を行うものではありません。本資料は、内容を改変せず、出典を明記した上で自由に共有いただけます。ArmはArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。©1995-2022 Arm Group.