広範なコンシューマ機器に最適なパフォーマンス、セキュリティ、およびArmv9のメリットを提供するArm Total Computeソリューションを発表

May 26, 2021

 

英Arm(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:神奈川県横浜市、以下Arm)はこのたび、Armが先般公開した今後10年間のコンピューティングを支える基盤となるArmv9アーキテクチャをベースとした、Arm Total Computeソリューションを発表しました。これは、ArmのTotal Compute戦略の3つの重要な柱である、演算性能、開発者へのユーザビリティ、およびセキュリティを実現するソリューションの第一弾です。

発表の概要:

  • コアとなるCPU、GPU、SystemIPを最新のArmv9アーキテクチャに進化させArm Total Computeソリューションとすることで、システムレベルでの高性能と効率性を提供
  • Armv9の最初のCortex CPUがプレミアムな性能と効率性を実現
  • トップクラスの性能を誇るMali GPUが、コンシューマ機器における高品質なビジュアル体験をサポート
  • 最新のCoreLinkインターコネクトテクノロジーにより、システムレベルでの低遅延、性能向上、消費電力の低減を実現

これら3つの重要な柱に同時に取り組むことで、Armは世界各地の数多くの開発者に妥協のないパフォーマンス、セキュリティ、拡張性、効率性を提供します。この柔軟なソリューションにより、Armのパートナーは今後、業界で最も広範な用途において、没入感あふれる新世代のインタラクティブ型体験の魅力を解き放つことができます。

Armのクライアント事業部門シニア・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるポール・ウィリアムソン(Paul Williamson)は、次のように述べています。「Armは現在、あらゆる場面でArmv9のメリットを提供し、システムレベルの設計を通じてパフォーマンスを最大限に高めることに注力しています。セキュアな用途特化型プロセッシングにおいて優位性をもつArmベースのコンピューティングは、スマートフォン市場以外でもリーダーシップを確立しており、モバイルエコシステムの誇る膨大なスケールを活用することで、ラップトップやデスクトップPC、クラウドなどの分野でも業界をリードするソリューションを開発しています」

Arm Total Computeソリューション
Armの新たな戦略であるTotal Computeソリューションは、ハードウェアIP、フィジカルIP、ソフトウェア、各種ツールおよび標準規格に関して、システム全体を統合的に最適化するアプローチを採用しています。Armパートナーに最も広範な選択肢をもたらすことで、デジタルコンシューマ市場のあらゆるセグメントを対象に、多様なユースケースと価格帯への対応を実現します。

これにより、モバイルデバイスのAI対応や双方向型のユースケース、TVであることを忘れてしまうほど表現力豊かな8Kコンテンツなど、エコシステム全体でかつてないデジタル体験を実現できます。またこれらの機能とともに、セキュアな技術基盤を活用することで、今後10年間に向けた信頼されるデジタルサービスを構築できます。

そして、このソリューションの中核的な存在が、初のArmv9ベースのCortex CPU、驚愕のグラフィックスをもたらすMali GPU、最新のCoreLinkシステムIPから構成されるArmの最新IPスイートです。その詳細は次の通りです。

Total Computeソリューションの根幹を支えるArm Cortex CPU
新しいArmv9ベースのCPUコアは、幅広いデジタルコンシューマ機器に対応するトップクラスのソリューションとして設計されています。Armの新型CPUは、ラップトップPCには究極のパフォーマンスを、スマートTVにはより高速なユーザー体験をもたらし、モバイルデバイスには継続的な電力効率向上を通じて、より長時間のモバイルゲームとバッテリー駆動を実現します。

Arm史上最も高性能なCPUであるArm Cortex-X2は、現行のフラッグシップAndroidスマートフォンに比べ性能は30%向上します。ピーク時演算性能以外にも、Cortex-X2は、高性能スマートフォンとラップトップへの拡張性を実現しており、パートナー各社は、市場のニーズに応じて用途特化型のコンピューティングを設計することが可能です。

Arm Cortex-A710は、Armv9を採用した初の「big(高性能)」コアCPUであり、現行のCortex-A78との比較では、エネルギー効率が30%、性能は10%向上します。こうした性能向上と効率化により、ユーザーにとってより強力な体験が得られると同時に、スマートフォンの高負荷アプリケーションを、これまでよりも長時間実行できます。

さらに、4年ぶりの高効率「LITTLE(低消費電力)」コアとして、性能を35%、機械学習(ML)処理性能は3倍以上の向上を達成した、Arm Cortex-A510も発表します。このパフォーマンスは、ほんの数年前の前世代bigコアにも迫るもので、スマートフォン、デジタルコンシューマ機器、ウェアラブルデバイスに最適です。

Armv9-A CPUクラスターのバックボーンは、最新のDynamIQ Shared UnitであるDSU-110であり、様々な市場で幅広いソリューションを実現します。このDSU-110は、拡張性、最大8個のCortex-X2 CPUをサポートする妥協のないパフォーマンス、セキュリティ、ML機能を実現しながら、効率性も担保します。

パフォーマンスへの取り組みでエコシステムをサポートするため、bigおよびLITTLEのすべてのモバイルコアは、2023年までに64ビットのみになる予定です。これに先立ち、全アプリの64ビット対応を年内に完了し消費者にシームレスな体験を提供できるよう、世界各地のパートナー各社はすでに作業を進めています。

Armv9 CPUコアの技術的な詳細については、ブログ記事(英文)をご覧ください。

あらゆるセグメントに対応する、Armの最新Mali GPUスイート

デバイスの操作感や楽しみ方に関して、進化し続けるデジタルビジュアル体験はエンドユーザーにとって引き続き不可欠な要素です。そのため、Total ComputeソリューションのArmv9ベースCPUを補完する存在として、今年はこれまでで最も広範なGPU群を発表します。

Maliはこの数年間にわたり、出荷個数ナンバーワンGPUの座を維持しています。今年の新製品となるArm Mali-G710は、高性能スマートフォンと成長著しいChromebook市場をターゲットとしたArmの最高性能GPUであり、AAA(トリプルエー)タイトルクラスの高精細ゲームなど高い演算能力が求められる処理において、性能を20%向上させます。カメラや動画の新モード向けの画像補正機能など、ML関連の各種タスクでも、Mali-G710はML処理能力を35%向上させます。

昨年と同様に、サブプレミアム・クラスのGPUとしてArm Mali-G610を発表します。これはMali-G710の全機能を継承しながら、より低い価格帯を実現しており、パートナー各社は、この成長市場にいち早く対応し、プレミアムデバイスのユースケースをより幅広い開発者や一般消費者に提供できます。

Arm Mali-G510は、性能と効率性の理想的なバランスを達成しており、ミッドレンジのスマートフォン、高性能スマートTV、セットトップボックスを対象に、性能を100%向上し、22%の省エネ化によるより長時間のバッテリー駆動と、ML処理能力の100%向上を実現します。

最もパフォーマンス効率に優れたArm GPUであるArm Mali-G310は、最小の面積コストで最高の性能を発揮します。Mali-G310はValhallアーキテクチャと高品質のグラフィックス技術に対応しており、エントリーレベルのスマートフォン、ARデバイス、ウェアラブル端末などの製品のコスト低減に寄与します。

最新Mali GPUスイートの技術的な詳細については、ブログ記事(英文)をご覧ください。

Total Computeソリューションを支えるシステムIP
Armのインターコネクト技術は、システム性能の向上に欠かせないものです。最新のCoreLink CI-700コヒーレント・インターコネクトとCoreLink NI-700ネットワーク・オン・チップ・インターコネクトは、ArmのCPU、GPU、NPUのIPとシームレスに連携することで、SoCソリューション全体でシステムを強化します。CoreLink CI-700とCoreLink NI-700は、メモリ・タギング・エクステンション(MTE)などのArmv9-Aの新機能をハードウェアレベルでサポートするほか、セキュリティ、帯域幅、レイテンシーの向上にも対応します。

Arm CoreLink CI-700/CoreLink NI-700の技術的な詳細については、ブログ記事(英文)をご覧ください。

パートナー各社からの賛同コメント
パートナー各社からのコメントは、リンク先(英文)をご参照ください。

Armについて

Armのテクノロジーは、コンピューティングとデータによる革命の中心として、人々の暮らしや企業経営のあり方に変革を及ぼしています。そのエネルギー効率に優れたプロセッサ設計とソフトウェアプラットフォームは、1,900億個以上のチップを通じて高度なコンピューティングを実現し、センサーからスマートフォン、スーパーコンピュータまで、あらゆる製品をセキュアにサポートしています。Armは1,000社以上のパートナーとともに、チップからクラウドまで、AI駆動のコネクテッド社会の中核となるコンピューティングのあらゆる分野において、設計、セキュリティ、管理を支えるテクノロジーの最先端を担っています。

全ての情報は現状のまま提供されており、内容について表明および保証を行うものではありません。本資料は、内容を改変せず、出典を明記した上で自由に共有いただけます。ArmはArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。©1995-2021 Arm Group.