Login

社員紹介 - Preethi: ARM新卒エンジニア

学位:コンピュータ サイエンス博士

大学:マンチェスタ大学

私はマンチェスタ大学を卒業し、コンピュータ サイエンスの博士号を取得しました。ARMには大学の課程を終えるかなり前に応募し、幸いなことに厳正なインタビュー プロセスに合格しました。このプロセスには、人事部の担当者との面談と、2回のテクニカル インタビューがありました。私の博士課程の研究はマルチプロセッサ アーキテクチャを中心にしており、ARMの中核業務であるプロセッサ アーキテクチャ設計の分野に就職したいと思っていました。

ARMで新卒エンジニアとして働くようになって、8か月になります。ARMでは、新卒者は通常、入社初年に3つから4つのローテーションを経験することになります。これらのローテーションによって、各新卒者はプロセッサ設計のさまざまな面(設計、検証、プロトタイプなど)に関する十分な経験を積むことができます。

大学では現実的な設計の経験がほとんどなかったので、初めは気後れしましたが、先輩や同僚にサポートしてもらったり、実地訓練を受けたりして、何とかプロジェクトを成し遂げてきました。ARMの職場の雰囲気はとても自由で、プロジェクトの同僚は、いつでも必要な手助けをしてくれます。新入社員は、行った仕事に対するフィードバックを1年間定期的に受け取ることができ、それを基にパフォーマンスを改善したり、仕事のレベルを高めたりすることができます。人事部は、さまざまなオリエンテーションのイベントを開催してくれるので、新入社員は仕事のポリシーや業務関連の手当についての知識を得たり、他の社員と知り合ったりすることができます。

仕事に関するもの以外にも、クリスマス パーティー、夏のバーベキュー大会、音楽やスポーツの同好会など、親睦のためのイベントがあります。すべての点で、ARMは理想的な職場です。

 

 
Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set