Login

Cortex-M3プロセッサ

ARM® Cortex®-M3プロセッサは、業界をリードする、確定性の高いリアルタイム アプリケーション向けの、32ビット プロセッサであり、パートナーが高性能で低コストのプラットフォームを、マイクロコントローラ、自動車のボディ システム、工場制御システム、ワイヤレス ネットワーキング、センサなど、多様なデバイスのために開発できるように設計されています。卓越した演算性能と、イベントに対する非常に優れたシステム応答を実現する一方で、低いダイナミック/スタティック電力の制約にも対応します。また、高度な設定が可能で、メモリ保護と強力なトレース技術を必要とするデバイスから、最小限の実装面積を要求する非常にコストが重視されるデバイスまで、さまざまな実装が可能です。

より高い性能と多くの機能の実現

2004年に導入され、新しいテクノロジとコンフィギュラビリティで最近更新されたCortex-M3は、特にマイクロコントローラ アプリケーションを念頭に置いて開発された主力のARMプロセッサです。

性能およびエネルギー効率

高性能と低ダイナミック消費電力を誇るCortex-M3プロセッサは、業界をリードする電力効率を提供します。内蔵のスリープ モードとオプションの状態保持機能により、低消費電力と優れた性能が求められるアプリケーションに適しています。

多機能

このプロセッサでは、ハードウェア除算、シングル サイクル乗算、ビット フィールド操作などに最適なパフォーマンスとコード サイズを実現するThumb®-2命令セットを実行します。Cortex-M3 NVICは、設計時に高度な設定が可能で、個別の優先度、ダイナミックな再優先度付け、および内蔵システム クロックにより最大で240個のシステム割り込みを処理します。

豊富な接続

これらの機能と性能を兼ね備えたCortex-M3ベースのデバイスでは、複数のI/Oチャネルとプロトコル標準(USB OTG(On-The-Go)など)を効率的に処理できます。




Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set