Login

Cortex-M0プロセッサ

ARM® Cortex®-M0プロセッサは、提供中のARMプロセッサの中で最も小さいプロセッサです。このプロセッサの非常に小さなシリコン面積、低消費電力、および最小限のコード フットプリントにより、開発者は8ビットの価格レベルで16ビット デバイスを飛び越え、32ビットの性能を実現できます。Cortex-M0プロセッサは、ゲート数が非常に少ないことから、アナログ信号デバイスやミックスド シグナル デバイスにも使用できます。

最も小さいARMプロセッサ

Cortex-M0は、コード密度とエネルギー効率が優れているため、さまざまなアプリケーションの8/16ビット デバイスを置き換えるコスト効率の高いプロセッサとして最適です。また、ツールおよびバイナリでは、多くの機能を備えたCortex-M3プロセッサおよびCortex-M4プロセッサとの上位互換性が維持されています。さらに消費電力が低い、またはさらに広範な設計オプションを必要とするアプリケーションには、完全互換のCortex-M0+プロセッサが理想的な代替オプションです。

低消費電力

Cortex-M0プロセッサは、12 Kゲート未満の面積でわずか16µW/MHz(90LPプロセス、最小構成)しか消費しません。これは、最先端の低消費電力技術を持ち、超低消費電力機器の開発に重要な役割を果たしているARMの比類のない知識と経験に基づいています。

簡単

56個の命令だけで、Cortex-M0の命令セット全体を即座に習得できます。ただし、Cフレンドリなアーキテクチャであるため、シンプルで高速な開発が実現できます。また、完全に確定的な命令および割り込みタイミングにより、応答時間を簡単に計算できます。

最適化された接続

特に、データの効率的な前処理や通信のためにデジタル機能が増加しているアナログ デバイスで、Bluetooth Low Energy(BLE)、IEEE 802.15、Z-Waveなどの低電力接続をサポートするように設計されています。




Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set