機能安全とは

機能安全は、自動車、ロボット、工場などに設置されるシステムの重要な要素です。あらゆる障害の発生の検出、診断、および障害を安全に軽減して、人や環境への危害を防ぐことはシステムの機能です。ArmのSafety Ready製品のポートフォリオと機能安全パートナーシップは、機能安全に関連したアプリケーションに必要なソリューションをお客様に提供します。

 

Arm Safety Readyポートフォリオには、永久障害の診断機能を備えたソフトウェアベースの安全メカニズムであるソフトウェア・テスト・ライブラリ(STL)が含まれています。ISO 26262 ASIL B車載アプリケーションおよびIEC 61508 SIL 2産業システム用STLを実装する際の手順と注意事項については、ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

ホワイトペーパーをダウンロード

Armは機能安全をサポート

当社のテクノロジーとお客様に最良の結果をもたらすために、Armは、ISO 26262やIEC 61508などの国際的な安全ガイドラインの策定に積極的な役割を果たしています。

Arm製品は、より広範なアプリケーションの要件を満たすために「Out-Of-Context」で設計されています。当社では、集積回路(IC)のサプライチェーンに関わるすべての人が安全認証において重要な役割を担っており、アプリケーションは市場固有の規格に基づいて認証されなければならないと考えています。Armは、Armベースのデバイスの認証プロセスにおいて、顧客および製造業者をサポートすることができます。

新時代のコンピューティングに備える

機能的な有用性と安全性を高めるための重要なステップは、Armの最新で柔軟性の高い、スケーラブルなヘテロジニアス・コンピューティング・ソリューションによってもたらされました。Armが自律走行への道のりを実現するための機能安全のサポート、処理能力、および効率性をどのように提供するかをご覧ください。

詳細はこちら

Arm Safety Readyポートフォリオ

Arm Safety Readyポートフォリオは、さまざまな厳格なレベルの機能安全の体系的フローと開発によって生み出されたArm製品群の集大成です。IP、安全機能、ツール、および堅牢なメソドロジーを組み合わせて、プロジェクトの認証段階を迅速に追跡しながら、リスクを軽減します。

 

Arm Safety Ready製品のリストを参照してください。

Safety Readyプログラム

ケーススタディ

Armパートナーとの信頼を築く

Dream Chipを搭載したSoC設計の機能安全

安全規格を満たすアプリケーションの開発によって、市場投入までの時間が長くなるとは限りません。系統的な障害のリスクを最小限に抑えながら、産業用およびオートモーティブSoC設計を加速する方法についてご紹介します。

Embedded Officeでの安全製品の開発

Embedded Officeが、宇宙工学、医療、自動車などの広範囲にわたるアプリケーション分野で、セーフティクリティカルな製品の複雑さに対処する開発者をどのようにしてサポートするのかをご覧ください。

Green Hills Softwareによる安全性の組み込み

Green Hills Softwareのソリューションとサービスにより、プログラムのリスクと安全性の確保までの時間を削減し、航空電子機器、鉄道、およびオートモーティブ標準の最高レベルの安全を実現します。

IARの認証ソフトウェアツール

認証ソフトウェアツールを利用して、医療、自動車、および産業の適用例において業界固有の機能安全規格に準拠していることを証明します。

安全性を高めるOpenSynergyの組み込みソフトウェア

自動車、航空電子機器、鉄道、および農業などのアプリケーション向けに、安全要件が異なる複数の機能を1つのSoCに統合する方法をご紹介します。

仮想オープンシステムによる安全とセキュリティ

Arm TrustZoneに構築されたISO 26262 ASIL C認証ハイパーバイザーであり、ほぼすべての車種でセーフティクリティカルな仮想化を実現するVOSySmonitorについてご紹介します。

Armで機能安全を設計

パートナーが機能安全を使用できるように、Armは多様なIP、ツール、およびサポートを提供しています。

コンプライアンスの情報

外部認証のエビデンスが含まれているため、システムレベルでのArm機能安全IPの統合により多くの時間を割くことができます。

堅牢な機能安全プロセス

安全関連製品の設計と検証に対して厳格なアプローチを取ることにより、系統的な障害のリスクが最小限に抑えられ、時間と労力を節約することができます。

機能安全文書のサポート

特定の製品の安全機能、検証、障害モードの影響および診断の分析(FMEDA)に関する包括的な内容が含まれています。

市場投入までの時間を短縮

市場投入までの時間の短縮と業界評価基準の順守に役立つIP、ツール、テストライブラリの継続的な開発。

Armの機能安全パートナーシッププログラム

機能安全のためのソフトウェアとツール、設計サービス、およびトレーニングを専門とする適切なパートナーを見つけることができます。

詳細はこちら

Safety Ready製品

Arm Safety Readyポートフォリオは、安全パッケージ、開発ツール、および機能安全を実現するソリューションによってサポートされているIPで構成されています。

開発ツールには、ソフトウェア・テスト・ライブラリ(STL)、機能安全ランタイムシステム(FuSa RTS)、機能安全のためのArmコンパイラが含まれています。

Arm IP ソフトウェアテスト・ライブラリ
サポート
機能安全サポートの
レベル
ツールおよびソフトウェアの
サポート
Arm Flexible Access*で
利用可能なプロセッサー
Cortex-A78AE

開発中

拡張

 
Cortex-A76AE  

拡張

 
Cortex-A76  

拡張

 
Cortex-A75  

標準

 
Cortex-A72

2021年に利用可能

標準

 
Cortex-A65AE  

拡張

 
Cortex-A65  

拡張

 
Cortex-A55  

拡張

 
Cortex-A53

標準

Cortex-A35  

標準

Cortex-A34  

標準

Cortex-A32  

標準

Cortex-R52+

2021年に利用可能

拡張

 

Cortex-R52

拡張

Cortex-R5

拡張

Cortex-M55

2022年に利用可能

拡張

Cortex-M33

拡張

Cortex-M23  

拡張

Cortex-M7  

標準

⚫

Cortex-M4

標準

⚫

Cortex-M3

標準

⚫

Cortex-M0+

標準

⚫

Mali-G78AE

N/A

拡張

   
Mali-C71AE

N/A

拡張

   
GIC-600AE

N/A

拡張

   
MMU-600AE

N/A

拡張

   
CMN-600AE

N/A

拡張

   

注釈:

機能安全対応Armコンパイラ

機能安全対応Armランタイムシステム

* 選択されているIPはArm Flexible Accessで利用可能です。オートモーティブのArm Flexible Accessの詳細については、こちらをご覧ください。

エキスパートに聞く

機能安全および安全認証は、集積回路(IC)サプライチェーンのすべての人にとって重要な問題です。Armベースのデバイスの機能安全について不明な点がある場合は、Armエキスパートにお問い合わせください。

お問い合わせ