Platform Security Architectureでデジタル・トランスフォーメーションをセキュアに実現

企業は仕事のやり方を変え、新しいテクノロジーを導入して新しい機会を革新し発見しています。接続されたデバイスは、このデジタル変革を促進し、重要な決定に影響を与えるデータと洞察を生成します。

このすべての新しいデータの価値は、その信頼性のみに依存しているため、セキュリティはデジタル変革にとって最大の脅威の1つです。

セキュリティは常に変化し進化しています。規制は常に水平線上にあり、新たな脅威が特定されているため、企業は将来のセキュリティの脅威から保護する戦略を必要としています。 Platform Security Architecture(PSA)は、接続されたデバイスを保護するためのフレームワークを提供します。適切なレベルのデバイスセキュリティを構築し、データの信頼性に関するリスクを軽減し、ビジネスがデジタル変換のメリットを享受するための新しいアイデアを革新できるようにするためのステップバイステップガイドを提供します。

PSAの詳細と、自社のデジタルトランスフォーメーションを実現するためにPSAがどのように役立つかについては、このWebセミナーをご覧ください。

ウェビナーを表示する

PSAを採用するメリット

共通の基盤で製作

Armのエコシステムにより、共通の基盤でデバイスのセキュリティを確保できます。

コストと開発時間を削減

フルセットのセキュリティに関する情報を使って、現在掛かっている費用を削減し、市場投入までの時間を短縮します。

信頼性の向上

独立したセキュリティテストによってデバイスの認定を受けることで、大規模なIoT導入での信頼性が向上します。

セキュリティ設計を容易にする4つのステップ

PSAは、セキュリティがゼロからデバイスに確実に組み込まれるようにするために作成されました。 4つのPSAステージは、特定のユースケースごとのセキュリティ実装をガイドします。

 

  • 分析:特定のセキュリティ要件を定義するための資産の評価と脅威の評価。
  • アーキテクト:特定されたセキュリティ要件に基づいたセキュリティ設計。
  • 実装:アーキテクト段階の仕様に準拠したオープンソースのファームウェア実装。
  • Certify:PSA認定スキームを通じて、製品がセキュリティ要件とPSAガイドラインを順守していることを保証します。

 

PSAフレームワークの4つの段階の詳細な説明と概要については、このホワイトペーパーをダウンロードしてください。

ホワイトペーパーをダウンロード

成長する業界の勢い

業界のベストプラクティスに基づいて構築されたPlatform Security Architectureは、セキュリティルールとガイドラインの概要を超えて、実用的な実装ガイドとツールを提供します。

Armはエコシステムと連携して、セキュアシステムへのパスを簡素化および加速し、接続されたデバイスのセキュリティを再定義しています。多くの業界リーダーはすでにPSAのサポートを約束しており、製品のセキュリティ評価を測定するためのベンチマークとしてPSA認定を使用しています。

ソフトウェア開発者の旅の簡素化

PSAは、実装をテストするために再利用可能なコンポーネントとAPIを提供することにより、安全なソフトウェア開発を簡素化します。

 

  • Trusted Firmware-M(TF-M)は、アーキテクチャ仕様に準拠するセキュアなソフトウェアのリファレンス実装を提供し、基本的なセキュリティ機能をカバーする再利用可能なコンポーネントを提供します。このソフトウェアを再利用して、チップやプラットフォームへの移植を容易にし、信頼できる環境を構築できます。セキュアな機能には、PSA Entity Attestation Token(PSA EAT)が含まれます。これは、IoTデバイスが、エコシステム全体で読み取れるセキュリティ実装を検証するための革新的な方法です。
  • PSA開発者APIは、デバイスに実装されている基礎となるセキュリティ機能へのインターフェイスを提供します。一貫した開発者エクスペリエンスは、セキュリティの市場投入までの時間を短縮し、開発者が製品の機能に集中できるようにします。
  • TF-MはArm Keil MDKおよびCMSISパックと直接連携して、ソフトウェア構成をカスタムハードウェアに簡素化します。

PSAを今すぐ始めましょう

PSAの4つのフェーズをガイドするためのさまざまなリソースが用意されており、セキュリティの実装をできるだけ簡単かつ費用対効果の高いものにしています。

詳細

エキスパートに聞く

Arm Platform Security Architectureを採用する方法について、 エキスパートが詳細にご説明します。

お問い合わせ
革新

私たちが考えていること

IoTを提供するには、セキュリティの確保方法に同意する必要があります

 

脅威モデリングを気にする必要がある理由
Arm Security Manifesto-安全なIoTデバイスを設計するための7つの新しい原則を学ぶ