クラウドネイティブ・エッジ向けのセキュアなコンピューティング

2035年には、世界中のネットワークは1兆を超えるデバイスからのデータストリームをホストして管理することになると予想されています。その結果、データは勢いを増しながらデータセンターの外に集積され、価値の高い通貨として機能し、エッジコンピューティング全体の機会を促進すると予想されます。この機会に対処するために、基盤となるネットワーク・インフラストラクチャは、ハードウェア中心の半自動操作モードから、真にエンドツーエンドのソフトウェア定義、安全性、リモート管理、および回復力を備えたモードへと変換されます。SLAを大きな規模で一貫して実行することで、ビジネス目的を実現することにも直結します。

 

インフラストラクチャ・エッジは、IoTのエンドポイントやデバイスをクラウドまで接続するすべてのネットワークを網羅し、アクセスポイント、スイッチ、企業および家庭用ゲートウェイやルーター、ワイヤレスLANコントローラ、ユニバーサルCPEなど、多様なプラットフォームから構成されています。

Project Cassini

Project Cassini

多様でセキュアなエッジエコシステムでクラウドネイティブな体験を実現

エンタープライズおよびアプリケーションの開発者は、シリコンおよびソフトウェア製品の多様性、Armエコシステムに固有のベンダー選択について精通しています。自動車工場やスマートファクトリーからクラウドゲーミング、エネルギーやヘルスケアまで、さまざまな業界において多様なユースケースをサポートするために、インフラストラクチャ・エッジでサービスをうまくタイムリーに展開するには、ヘテロジニアスシステムでクラウドネイティブ・スタックをほぼシームレスに導入し、安全に管理する必要があります。

Project Cassiniは、プラットフォーム・ソフトウェアおよびプラットフォーム・セキュリティに対する標準ベースのアプローチを推進し、エコシステム主導のエッジリファレンスの実装により、インフラストラクチャ・エッジにおけるクラウドネイティブ・スタックのセキュアな展開を示します。

詳細はこちら
業界をまたぐ高効率のエッジコンピューティング

インターネットのエッジにあるインテリジェントで相互接続されたインタラクティブデバイスのコンピューティングが増加し、消費電力やメンテナンスコストが低減されると、都市、工場、農場、環境の効率性、安全性、生産性を向上させるための機器を導入する機会が増えます。Project Cassiniでは、クラウドネイティブ・テクノロジーとメソドロジーをエッジ環境で使用して、このような機会に本格的に取り組む上での有効性を評価します。

スマートシティ

さまざまなセンサーアレイを都市全体に配置し、気温、汚染、交通パターンなどを測定します。データはクラウドネイティブなテクノロジーで分析し、生活の質を向上に役立てます。

インダストリー4.0

インダストリー4.0は、業務管理を強化し、瞬時に得られるデータを活用して生産性の向上、プロセスの改善、成長の促進を図ることができるよう事業主を支援します。

ユニバーサルCPE

ユニバーサルCPEによってソフトウェア化は加速します。厳しいコストと性能の要求に応えるために、シームレスで完全に自動化されたソフトウェアを使用しています。

CPUプロセッサー
インフラストラクチャ・エッジ向けのArmテクノロジー
関連情報

新しいコンピュート・コンティニュアムがエッジコンピューティングをどのように推進するか

このForrester予測レポートでは、2020年をエッジコンピューティングの転換点と位置づけています。

インフラストラクチャ・エッジのセキュリティ

この論文では、セキュアなインフラストラクチャ・エッジプラットフォームを構築するための基礎的な仕様を紹介しています。