ソフトウェア定義型の未来を実現するために

ソフトウェア定義型自動車(Software-Defined Vehicle、SDV)は、安全性や利便性の向上、ソフトウェアによる新たな車内体験や機能の実現、無線(OTA)によるアップデートやサービスの提供など、さまざまな機能を提供します。自動車メーカー、OEM、Tier 1サプライヤーにとって、SDVは収益性や顧客体験に大きなメリットをもたらし、厳格な機能安全基準を満たすために役立ちます。

ハードウェア定義からソフトウェア定義のコンピューティングへの進化には、クラウドから自動車までのシームレスな開発と展開を確約する、高度なコンピューティングアーキテクチャとソフトウェアの複雑化に対応するための、新しい開発の枠組みが必要です。Armとそのパートナーは、その実現のために取り組んでいます。

クラウドネイティブな開発手法の導入

Cloud-Native Blog banner

クラウドネイティブの枠組みは、自動車用ソフトウェアの開発、テスト、展開の方法を将来的に根本的に変えることができます。このアプローチが提供する、SDVが可能なスケーラブルなソリューションは、実世界で本当に適応できるのでしょうか?このブログでは、クラウドネイティブをオートモーティブにうまく適用するために必要となる、主な考慮点を説明しています。

ブログを読む

ソフトウェア定義型のビジョンを形にするソリューション

 Armは、広範な自動車サプライチェーンのリーダー企業と協力し、ソフトウェアポータビリティ、クラウドネイティブなミックスドクリティカリティ(求められる信頼度や安全性能が異なる機能の混在)、シームレスな展開などの課題に取り組み、ソフトウェア定義の未来に近づこうとしています。

組込み/エッジのためのスケーラブルなオープンアーキテクチャ

SOAFEEは、ミックスドクリティカルなオートモーティブアプリケーション向けに強化された、クラウドネイティブなアーキテクチャを提供します。SOAFEEは、商用・非商用の製品を問わず、オープンソースのリファレンス実装を提供しています。

SOAFEEは、Armアーキテクチャの標準的なブートおよびセキュリティ要件を定義したProject CassiniおよびSystemReady規格をベースとして、自動車関連のワークロードに必要な機能安全性とリアルタイム性を追加しています。

現在、SOAFEEリファレンス実装のベータ版のダウンロードが可能です。

SOAFEE搭載のハードウェアプラットフォーム

自動車用ソフトウェアのポーティング、プロトタイピング、開発を可能にするために、ArmはADLINKおよびAmpereと提携し、高性能なSOAFEE搭載ハードウェアプラットフォームを提供します。

  • AVA Developer Platformは、研究所での開発を目的とした高性能・高拡張性の演算システムであり、自動運転ワークロードの実行に対応しています。開発者は本製品を通じ、高性能CPUを補完するものとして、アクセラレーター・ハードウェアを活用できます。

  • 車載プロトタイピングおよびテスト向けの高性能なAVA-AP1は、CPUパフォーマンス向上のため80コアを備え、I/O(入出力)機能の向上とともに、実際のセンサーを用いた社内環境での実行を可能にするセーフティ・プロセッサーを搭載しています。

globe banner
共同でソフトウェア定義の革命を推進

 

ソフトウェアの複雑化に伴い、オートモーティブとクラウドのコミュニティ間では、オープンスタンダードをベースとした新しいアプローチと緊密な連携が求められています。SOAFEE Special Interest Group(SIG)は、効率的なエッジワークロードの 新時代に必要となるクラウドネイティブ開発の枠組みを主導し、定義することを目的としています。

Arm DevSummit 2021 logo


Arm、AWS、Leddartech、Continentalの業界エキスパートが、より柔軟で広範なインテリジェンスを自動車にもたらす機会と課題をどのように捉えているかを知るために、ぜひ、バーチャルカンファレンスにご参加ください。

登録する

エキスパートに相談する

ソフトウェア定義型自動車の開発に関するご質問は、こちらにお問い合わせください。

お問い合わせ

ソフトウェア定義型自動車の関連情報

自動車業界のソフトウェア定義の未来を変革する新しいテクノロジー

SOAFEEオープンソースリファレンス実装の要件

走行距離を延ばすハードウェアが必要なソフトウェア定義型自動車